「ノート:ラブライブ!」の版間の差分

:::こんばんは。
:::レンタル版の処遇についてですが、これは私もこうした事態があるという事は知らなかったというのが正直なところであり、リリースされるものは必ず何処にでもある、とばかり思っていました。
:::ところが、希望の新譜がない、という事に出会し、TSUTAYAのサイトなどで店舗による在庫状況などを調べたところ、地元や近県でも作品によっては、取り扱いがあるところと無い所との格差も意外にあったり、全店にあるものとそうでないものも混在している事が判っています。かなり人気のあるものタイトルでもこうした事が少なくなく、私もこの手の作品のレンタルは店頭・オンライン含めよく結構、利用しますが、いつも利用するレンタル店舗に詳しい話を聞いたところ、タイトルによっては店の都合で入れない事もあるが、出元が何らかの事情で出荷を許可しておらず(レンタル権は発売元は所有せず、その映画などの制作元が所有している事にも由来します)、入荷の要請を受け付けてくれないので入れたくても入れられないタイトルもある、と店員から説明も受けております。
:::こうした事情は記載すればキリがないという事は一理あるかとは思いますが、多くの方はこうした事情を知らないケースも少なくないかと思われますので、事情が判る限りは必要最低限の記述はあっても良いのでは、との考えもあったわけです。
:::私側の意見も聞きたいとの事で記載させていただきましたが、文面の乱れ等がありましたらこれは不慣れという事でご理解していただきたい次第であります。--[[特別:投稿記録/111.64.14.87|111.64.14.87]] 2013年4月24日 (水) 12:00 (UTC)Satocyan
匿名利用者