「カスタリア」の版間の差分

m
言語ラベルほか
m (ボット: 言語間リンク 18 件をウィキデータ上の d:Q170053 に転記)
m (言語ラベルほか)
'''カスタリア'''({{lang-grc-short|'''CΚασταλία'''astalia または, ''Kastalia'K'''astalia、希:Κασταλ?α)}}, {{lang-la|Castalia}})は、[[ギリシア神話]]の[[ニュペー]]である。[[アポローン]]の求愛を拒んで[[パルナッソス山]]<!--または[[ヘリコン山]]-->の麓にあった[[デルポイ]]の泉に入水した。カスタリアは彼女の泉の水を飲んだ者や、その静かな水音を聞いた者に詩文の才能を宿らせるとされる。その聖なる水はデルポイの神殿を清めるのにも用いられた。アポローンはカスタリアを[[ムーサ]]たちに捧げた。20世紀のドイツの作家[[ヘルマン・ヘッセ]]は、1943年の[[大いなる業|絶筆]]『[[ガラス玉演戯]]』の舞台となる架空の州を「カスターリエン」と名付けた。
 
20世紀のドイツの作家[[ヘルマン・ヘッセ]]は、1943年の[[大いなる業|絶筆]]『[[ガラス玉演戯]]』の舞台となる架空の州を「カスターリエン」と名付けた。
 
== 関連項目 ==