「長井氏」の版間の差分

編集の要約なし
#'''長井氏'''は[[大江氏]]系の日本の氏族。
#'''長井氏'''は[[斎藤氏]]系の日本の氏族。
 
==大江長井氏==
[[鎌倉幕府]][[別当]][[大江広元]]の次男[[大江時広|時広]]を祖に持つ長井氏は、[[承久の乱]]の際に時広の兄の[[大江親広|親広]](のちの[[寒河江氏]]の祖)が朝廷方についたため、以後大江氏の総領挌となり栄えた。[[置賜郡]]長井荘[[地頭職]]を代々務め、[[米沢城]]を築き、[[鎌倉幕府]]の[[北条氏]]、[[室町幕府]]の[[足利氏]]らの下につき活躍した。
 
 
 
=== 大江姓長井氏の人物 ===
長井氏(出羽長井氏)
*[[長井時広]]
*[[長井貞広]]
*[[福原広世]]([[安芸福原氏|福原氏]])
 
----
==斎藤長井氏==
'''長井氏'''は、美濃守護代の[[斎藤氏]]の一族である日本の氏族。
 
[[斎藤利国]]の子、利隆から始まる。
 
長井氏は主家斎藤家の没落に乗じて、西村勘九郎([[斎藤道三]])らと美濃の権力を握る。しかしその後1530~1533年のわずかな期間に、長井氏(長井利安・長井長弘・長井利隆)の謎の急死が相次ぎ、長井家は西村勘九郎が継ぐ事になる。西村は「長井利政」を名乗った。
 
その後長井利政は、「斎藤秀龍」(のちに道三)へと名前を変え、守護代斎藤家を継いだ。
 
===長井氏のその後===
*[[長井道勝]]は、長良川合戦では[[斎藤義龍]]側につき道三と戦った。道三を生け捕りにしようとしたが、横槍が入り果たせなかったという。のちに姓を井上に改め豊臣秀吉に仕えた。
 
*[[長井道利]]は、[[斎藤義龍]]に「道三の子の暗殺」を提言、道三の息子二人は義龍の暗殺により死亡している。斎藤氏滅亡後は[[足利氏]]に仕え戦うが、1571年摂津で戦死。
 
 
:道勝、道利は道三の子である・弟であるなどいろんな説があるが、道三自体が謎の多い人物であるので詳しくは分かっていない。
 
===略系図===
[[斎藤利国]]<br>
   ┃<br>
[[長井利隆]]<br>
   ┃<br>
[[長井長弘]]<br>
   ┣━━━━━━┓<br>
[[長井道勝]]    [[長井道利]]<br>  
 
{{history-stub}}
匿名利用者