メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
|上綱=[[魚類|魚上綱]] Pisciformes
|綱=[[硬骨魚綱]] Osteichthyes
|目=[[カレイ目]] {{sname||Pleuronectiformes}}
|科='''カレイ科 {{sname||Pleuronectidae}}'''
|英名=Righteye flounder
|下位分類名=属・種
 
砂や泥の海底に生息する。体は平たく、両目は、ヌマガレイなどの一部の例外を除き、原則として体の右側の面に集まっている。[[ヒラメ|ヒラメ類]]では、目は体の左側側面に集まる。両目のある側を上にして海底に横向きになり、砂や泥に潜るなどして潜む。体の目のある側は黒褐色~褐色。特有の斑点を持つものもある。この体色は体表にたくさん散らばっている色素細胞である黒色素胞(メラノフォア)の大きさを変えることにより、周囲の環境に合わせて変えることができ、[[保護色]]となる。両目のない側は白色。背ビレと尻ビレが長く、背ビレは頭部からはじまり尾ビレの根元まで、尻ビレは、頭部のそばにある小さな腹ビレから尾ビレの根元まで続く。<br>
主に[[肉食性]]で、[[小魚]]や海底の[[無脊椎動物]]を食べるが、同じような容姿でフィッシュイーターであるヒラメとは異なり捕食行動はやや大雑把である。そのため、[[ヒラメ]][[釣り]]では[[生き餌]][[小魚]]や俊敏な動きの[[ルアー]]を用いるのに対し、カレイ釣りでは[[ゴカイ]][[イソメ]]のほか鈍重な動きの[[ワーム]]を用いる。
 
幼生は目が普通の魚と同様に左右に分かれて付いており、体も平たくない。成長とともに変態し、目がだんだんと右側に移動していき、体が平たくなり、また浮き袋がなくなり底生の成体となる。カレイは概して長寿命で、ヨーロッパ産の1種 プレイス ([[:en:European plaice|European plaice]]) で50年、オヒョウで40年などの記録がある。
 
=== ツノガレイ属 ===
[[ツノガレイ属]] 学名 ''{{sname||Pleuronectes}}''<br>
;[[マガレイ]]<sup>*1</sup> :真鰈。学名 ''{{sname||Psudopleuronectes herzensteini}}''、英名 Littlemouth flounder
:最大 50 cm ほどになる。他種より口が小さくとがっている。太平洋北西部。千島列島、樺太、沿海州から、黄海、渤海、朝鮮半島沿岸、日本沿岸、東シナ海中部まで分布。日本では北海道、本州沿岸、瀬戸内海など。水揚げ量が多い。
;[[マコガレイ]]<sup>*1</sup> :真子鰈。学名 ''{{sname||Pleuronectes yokohamae}}''、英名 Marbled flounder
:最大 45 cm 程度。太平洋北西部。北海道南岸以南の日本沿岸、瀬戸内海、朝鮮半島沿岸、黄海、渤海、東シナ海北部まで。水揚げ量が多い。
:「[[城下かれい]]」(しろしたかれい)はマコガレイの地方での呼び名で、[[大分県]][[日出町]]沿岸で獲れるもののこと。特においしいとされ、高値で取引されるブランド魚である。
;[[クロガレイ]]<sup>*1</sup> :黒鰈。学名 ''{{sname||Pleuronectes obscurus}}''
:40 cm ほどになる。太平洋北西部。オホーツク海(千島列島、樺太、北海道オホーツク海沿岸)、日本海(沿海州から朝鮮半島東岸)、黄海まで。日本では北海道で獲れる。クロガシラガレイとよく似ており、区別せずに扱われることが多い。
;[[クロガシラガレイ]]<sup>*1</sup> :黒頭鰈。学名 ''{{sname||Pleuronectes schrenki}}''、英名 Cresthead flounder
:最大 50 cm ほどになる。太平洋北西部。千島列島、オホーツク海南部から、日本の北部の沿岸、日本海の朝鮮半島東岸まで。クロガシラとも呼ばれる。クロガレイとよく似ており、クロガレイと呼ばれることも多い。
 
;[[アサバガレイ]]<sup>*2</sup> :浅羽鰈。学名 ''{{sname||Pleuronectes mochigarei}}''、英名 Dusky sole
:40 cm ほど。太平洋北西部。オホーツク海南部から朝鮮半島、日本では本州北部の沿岸にかけて。マガレイ、マコガレイに似ている。
;[[シュムシュガレイ]]<sup>*2</sup> :占守鰈。学名 ''{{sname||Pleuronectes bilineatus}}''、英名 Rock sole
:最大 60 cmほど。北太平洋に広く分布する。日本海北部、朝鮮半島、オホーツク海、ベーリング海から、北アメリカのカリフォルニア沿岸まで。カナダなど北アメリカで漁獲量が多い。和名は千島列島の[[占守島]]から。
 
;[[プレイス]] :ヨーロッパプレイスとも。学名 ''{{sname||Pleuronectes platessa}}''、英名 Plaice, European Plaice
:最大 1 m になる。大西洋北東部。グリーンランド、ノルウェー南部から北アフリカのモロッコ沿岸まで。地中海のスペイン、フランス沿岸など。ヨーロッパで最も漁獲が多い種で、生あるいは冷凍で広く取り扱われている。内陸湖の[[アラル海]]に放流され、漁獲がある。
<!----
;[[ハナガレイ]] :学名 ''{{sname||Pleuronectes proboscideus}}''、英名
:Pleuronectes proboscidea(英名 Longhead dab)と同種とする考え方もある。書くこと思いつかないので隠しときます
---->
;[[スナガレイ]] :砂鰈。学名 ''{{sname||Pleuronectes punctatissimus}}''、英名 Sand flounder
:30 cm ほど。千島列島、オホーツク海南部から日本海北部(朝鮮半島、日本沿岸)にかけて分布。北海道、東北北部に水揚げされる。身が薄く、脂があまり乗らない。口が細長くとがっている。体高は高く体形が菱形。目のある側に砂粒のような細かい斑点がある。目のない側には背ビレ、尻ビレに沿って幅の広い黄色い帯がある。
 
 
=== アカガレイ属 ===
[[アカガレイ属]] 学名 ''{{sname||Hippoglossoides}}''<br>体高が低く、片方の目が頭部の上端に寄っている。口が大きい。
;[[アカガレイ]] :赤鰈。学名 ''{{sname||Hippoglossoides dubius}}''、英名 Flathead flounder
:45 cmになる。太平洋北西部。オホーツク海、日本海などに分布。カムチャツカ半島から朝鮮半島、日本沿岸など。目のない側の体色が血がにじんだように赤みがかる。
;[[ソウハチ]] :宗八。学名 ''{{sname||Hippoglossoides pinetorum}}''、英名 Pointhead flounder
:太平洋北西部。日本北部の近海。
<!----
;[[ドロガレイ]] :泥鰈。学名 ''{{sname||Hippoglossoides robustus}}''、英名 Bering flounder
:30 cm ほど。北太平洋。北海道沿岸からオホーツク海、アリューシャン列島、アラスカ付近まで。
とりあえずコメントアウト--->
 
=== オヒョウ属 ===
[[オヒョウ属]] 学名 ''{{sname||Hippoglossus}}''
;[[オヒョウ]] :大鮃。学名 ''{{sname||Hippoglossus stenolepis}}''、英名 [[:en:Pacific halibut|Pacific halibut]]
:最大 2.5 m、350 kgに達する。北太平洋に広く分布する。北海道以北、オホーツク海、ベーリング海、チュクチ海の南部、カリフォルニア半島からメキシコ沿岸まで。カレイ科では最大の種類。またハリバッドという名前でも呼ばれておりゲームフィッシングのターゲットとされているらしい。
 
=== マツカワ属 ===
[[マツカワ属]] 学名 ''{{sname||Verasper}}''
;[[マツカワ]] :松川、松皮。学名 ''{{sname||Verasper moseri}}''、英名 Barfin flounder
:メスは、体長 80 cm、体重 6 kg になるものもある。太平洋北西部。日本の北部沿岸(太平洋側、日本海側)からオホーツク海南部、樺太、千島列島まで。目のある側の鱗が大きくざらざらしており、松の樹皮のようであることから。背ビレと尻ビレに黒い縞状の紋が入る。水揚げ量が減少している。北海道では、えりも以西海域マツカワ資源回復計画を策定し種苗放流等に取り組んでいる。これに関連し、えりも以西栽培漁業振興推進協議会では、この海域で水揚げされる本種を「王鰈」と名付けた。<sub><ref>[http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/ss/sis/index 日高の水産 まるごと情報館]</ref></sub>また近年養殖も試みられている。<sub><ref>[http://www.suisan.jp/touhoku_hokuriku/001311.html 週刊水産新聞2007年02月26日付「マツカワ陸上養殖、1年で出荷」]</ref></sub>
 
;[[ホシガレイ]] :星鰈。学名 ''{{sname||Verasper variegatus}}''、英名 Spotted halibut
:60 cm。太平洋北西部。日本中部、朝鮮半島沿岸、東シナ海まで。比較的暖かい海のカレイ。背ビレと尻ビレに黒い縞状の紋が入る。目のない側の表面、尾ビレの根元などに黒い斑点がある。水揚げ量が減少しており、珍重される。
 
=== ババガレイ属 ===
[[ババガレイ属]] 学名 ''{{sname||Microstomus}}''
;[[ババガレイ]](ナメタガレイ) :婆鰈。学名 ''{{sname||Microstomus achne}}''、英名 Slime flounder
:60 cm になる。中部日本沿岸以北、千島列島南部、樺太、日本海、黄海、渤海、東シナ海に分布。体表が、粘液を多く分泌するためぬるぬるしており、滑多鰈の呼び名がある。煮付など。東北、北陸の一部などでは、年越しにババガレイを食べるため、年末に市場価格が数倍に跳ね上がる。
=== ヌマガレイ属 ===
;[[ヌマガレイ]] ''{{sname||Platichthys}}''
;[[ヌマガレイ]] ''{{sname||Platichthys stellatus}}''
:30 cm。カレイ科に属する数少ない眼が左側にある種。汽水域や淡水にも入ることがあるのでこの和名がついている。
=== イシガレイ属 ===
[[イシガレイ属]] 学名 ''{{sname||Kareius}}''
;[[イシガレイ]] :石鰈。学名 ''{{sname||Kareius bicoloratus}}''、英名 Stone flounder
:50 cm ほど。太平洋北西部。日本、千島列島、樺太、朝鮮半島、中国、台湾。沿岸の海域。河川や湖沼などの汽水、淡水域まで侵入する。目のある側の背ビレ、尻ビレの根元に沿うように、骨片の突起が並ぶ。分類は、ヌマガレイ属 (''Platichthys'') に含めることがある。
 
=== メイタガレイ属 ===
[[メイタガレイ属]] 学名 ''{{sname||Pleuronichthys}}''
;[[メイタガレイ]] :学名 ''{{sname||Pleuronichthys cornutus}}''、英名 Ridged-eye flounder
:30 cm。北海道以南の日本沿岸、朝鮮半島沿岸、黄海、渤海、東シナ海。目の間に棘があり、「目痛」が語源とされる。関西では「本メイタ」と呼ばれ特に人気がある。
 
 
=== ムシガレイ属 ===
;[[ムシガレイ]] :学名 ''{{sname||Eopsetta grigorjewi}}''、英名 Shotted halibut
;[[ムシガレイ]] :学名 ''{{sname||Eopsetta grigorjewi}}''、英名 Shotted halibut
:40 cm。日本の太平洋岸、日本海、朝鮮半島、黄海、渤海、東シナ海。主に干物などに利用される。
 
=== ヤナギムシガレイ属 ===
;[[ヤナギムシガレイ]] :学名 ''{{sname||Tanakius kitaharai}}''、英名 Willowy flounder
;[[ヤナギムシガレイ]] :学名 ''{{sname||Tanakius kitaharai}}''、英名 Willowy flounder
:30 cm。北海道以南の日本沿岸、朝鮮半島沿岸、黄海、渤海、東シナ海。干物に利用する。「若狭がれい」は若狭湾で獲れるヤナギムシガレイ。分類では、ヒレグロ属 (''Glyptocephalus'') に入れることがある。
 
<!---
=== アブラガレイ属 ===
;[[アブラガレイ]] :学名 ''{{sname||Atheresthes evermanni}}''、英名 Kamchatka flounder
;[[アブラガレイ]] :学名 ''{{sname||Atheresthes evermanni}}''、英名 Kamchatka flounder
:
=== サメガレイ属 ===
;[[サメガレイ]] :学名 ''{{sname||Clidoderma asperrimum}}''、英名 Roughscale sole
;[[サメガレイ]] :学名 ''{{sname||Clidoderma asperrimum}}''、英名 Roughscale sole
:
---->
匿名利用者