「妥当性」の版間の差分

編集の要約なし
 
* 論証が「演繹的に妥当」であるとは、「前提がすべて真で、かつ結論が偽」となることがないことをいう。(言いかえれば「前提が真ならば、結論が必ず真」)<br />
 
<br />
  (なお前述からも分かるように、帰納的論証の場合には、形式が「妥当」であっても、真の前提から導かれた結論が偽であることが「けしてない」とまでは言えない。)
 
10

回編集