「第二次サウード王国」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 9 件をウィキデータ上の (d:Q146862 に転記))
[[1818年]]に[[第一次サウード王国]]が[[オスマン帝国]]とエジプト軍によって滅ぼされた。
 
[[1824年]]、王族[[{{仮リンク|トゥルキー・イブン=アブドゥッラーフ]]|en|Turki bin Abdullah bin Muhammad}}が[[リヤド]]に移って建国した。第一次サウード王国同様に[[ワッハーブ派]][[イマーム]]が国王兼帯。
 
内紛が激しく、[[ナジュド]]北部の{{仮リンク|ラシード家|en|Al Rashid}}([[:en:Emirate of Jabal Shammar]])に実権を奪われるようになる。
 
[[1891年]]、最後の王である[[{{仮リンク|アブドゥルラハマーン・イブン・ファイサル・アル・サウード]]|en|Abdul Rahman bin Faisal}}がラシ-ド家からの実権回復に失敗してリヤドを追われたために滅亡した([[:en:Battle of Mulayda]])。
 
== 影響 ==
その後[[1902年]]にリャド奪還に成功した、[[クウェート]]に逃れていたアブドゥルラハマーン・イブン・ファイサル・アル・サウードの子[[アブドゥルアズィーズ・イブン=サウード]]が[[1902年]]によりリャド奪還に成功し、[[1932年]]に[[サウジアラビア]]王国が建国された。
 
{{Islam-stub}}
匿名利用者