「ネットワーク中立性」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
中立性を提唱する側は、通信会社が多層化サービスモデルを採用することでパイプラインを制御し、競争を排し、意図的な欠乏状態を作ることで、より競争力のあるサービスを加入者に買わせようとしていると主張する。ネットワーク中立性は既存の自由を保持するのに重要だとする者は多い<ref name="no-tolls">{{Cite news |url= http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/06/07/AR2006060702108.html |title=No Tolls on The Internet |last=[[ローレンス・レッシグ|Lawrence Lessig]] & Robert W. McChesney |date=8 June 2006 |work=Columns }}</ref>。Internet Protocol の開発に関わり「インターネットの父」とされる[[ヴィントン・サーフ]]、ウェブを生み出した[[ティム・バーナーズ=リー]]に代表される多くの人々がネットワーク中立性に賛成の立場で発言している<ref>{{Cite web |last=Davidson |first=Alan |url= http://googleblog.blogspot.com/2005/11/vint-cerf-speaks-out-on-net-neutrality.html |publisher=Blogspot.com |date=8 November 2005 |title=Vint Cerf speaks out on net neutrality |deadurl=no |accessdate=2013-01-25}}</ref><ref name="berners-lee-def"/>。
 
ネットワーク中立性に反対する側は、ブロードバンドのサービスプロバイダがコンテンツをブロックしたり、ネットワーク性能をわざと低下させるような計画は全くないと主張する<ref name="books.google.com">{{Cite book |title=Internet Law |last= Hart |first=Jonathan D. |authorlink= |coauthors= |year=2007 |publisher=BNA Books |isbn=1-57018-683-9, 9781570186837 |url= |page=750}}</ref>。しかし、Comcast[[コムキャスト]]というISPが [[Peer to Peer|peer-to-peer]] (P2P) 通信を意図的に遅くした例がある<ref>{{Cite news | url = http://www.msnbc.msn.com/id/21376597/ | title = Comcast Blocks some Subscriber Internet Traffic, AP Testing shows | author = Peter Svensson | agency = Associated Press | date = 19 October 2007 | accessdate =25 October 2009 }}</ref>。他の業者も{{仮リンク|ディープ・パケット・インスペクション|en|deep packet inspection}}を採用してP2P、FTP、オンラインゲームなどを差別しはじめ、携帯電話のような料金体系を設定しはじめた<ref>{{Cite web |last=Anderson |first=Nate |url= http://arstechnica.com/hardware/news/2007/07/Deep-packet-inspection-meets-net-neutrality.ars/2 |title=Deep packet inspection meets 'Net neutrality, CALEA |publisher=Ars Technica |date=25 July 2007 |accessdate=2011-06-23}}</ref>。ネットワーク中立性に批判的な側はまた、特に[[Quality of Service|サービスの質]]を保証するための{{仮リンク|データ判別|en|data discrimination}}には問題よりも利点が非常に多いと主張する。Internet Protocol の開発者の1人[[ロバート・カーン]]はネットワーク中立性を単なる「スローガン」に過ぎないとして反対の立場を表明したが、他の参加者の排除に繋がるようなネットワークの分断には反対すると認めている<ref name="kahn-vid">{{Cite web |people=Robert Kahn and Ed Feigenbaum |date=9 January 2007 |title=An Evening with Robert Kahn |url= http://www.computerhistory.org/collections/accession/102703156 |publisher=Computer History Museum |accessdate= 2008-12-26}}</ref>。ネットワーク中立性の法制化に反対する人々は、ブロードバンドプロバイダによる差別を解決する最善策はプロバイダ間で競わせることだとしているが、現実にはそういった競争が制限されている地域が多い<ref name="podhoretz-post">{{Cite web |url= http://www.commentarymagazine.com/blogs/index.php/jpodhoretz/383024 | title=Who Runs the Internet: What Lobbying is Really All About|accessdate=2011-01-03 |author=John Podhoretz}}</ref>。
 
== 定義 ==
2009年10月、FCCは次の段階へ進めるため、ネットワーク中立性に関する提案された規則を承認した<ref>{{Cite web |url= http://www.networkworld.com/news/2009/102209-fcc-net-neutrality.html |title=FAQ: What's the FCC vote on net neutrality all about? |author=Tim Greene |date=22 October 2009 |accessdate=2013-04-27}}</ref>。
 
2010年5月、FCCがネットワーク中立性推進の努力を弱めるとみられていたが、FCCは戦いを継続することを発表した。Comcastコムキャストへの是正命令が連邦裁判所でくつがえされたため、ネットワーク中立性の強制はできなくなるだろうとみられていた。しかしFCC会長 Julius Genachowski の下でFCCはブロードバンドのインターネット・アクセス・プロバイダを再分類し、電話事業者と同じ規則に従わせることを提案した。この調整は「課金、習慣、分類、規則、設備、サービスにおける不公平または不当な差別」を防止することを意図したものである<ref>{{Cite web | url= http://arstechnica.com/tech-policy/news/2010/05/fcc-on-net-neutrality-yes-we-can.ars |title=FCC on net neutrality: yes we can |accessdate=2010-05-06}}</ref>。
 
2010年12月21日、FCCは[[ケーブルテレビ]]や[[電話]]のサービスプロバイダが競合他社や[[ネットフリックス]]などの特定のウェブサイトへアクセスできないようにすることを禁ずる新たな規則を承認した。無線プロバイダにもより制限された責務が課せられた。これらの規則は高速アクセスへの課金を妨げるものではない。[[共和党 (アメリカ)|共和党]]は[[アメリカ合衆国議会]]での立法によってこの規則を取り消す計画を発表した<ref name=Dec21>{{Cite news |url= http://www.thesunnews.com/2010/12/22/1881959/fcc-adopts-web-rules.html |title=FCC adopts web rules |last=Bartash |first=Jeffry |work=MarketWatch |date=22 December 2010 |accessdate= 2010-12-22}}{{リンク切れ|date=2013年4月}}</ref>。[[ベライゾン・コミュニケーションズ|ベライゾン]]はFCCを提訴する予定だとし<ref>{{Cite web |author=Steve Augustino |url= http://www.telecomlawmonitor.com/2011/02/articles/broadband-1/verizon-net-neutrality-appeal-update/ |title=Verizon Net Neutrality Appeal Update |publisher=Telecomlawmonitor.com |date=3 February 2011 |accessdate=2011-06-23}}</ref>、FCC会長の元補佐官 [[:en:Colin Crowell|Colin Crowell]] はそのような提訴は「必然的」だとした<ref>{{Cite web |url= http://amuir.org/fcc-net-neutrality-choice-sets-up-court-battle/ |publisher=Amuir.org |date=20 January 2011 |title=FCC Net Neutrality choice Sets up Court Battle |deadurl=yes |archiveurl= http://web.archive.org/web/20110122075740/http://amuir.org/fcc-net-neutrality-choice-sets-up-court-battle/ |archivedate=2011-01-22 |accessdate=2013-01-25}}</ref>。
25,487

回編集