「千葉シーサイドバス」の版間の差分

概要の簡略及び見出しの追加
(概要の簡略及び見出しの追加)
 
== 概要 ==
本社は東洋バスと同じ[[総武本線|JR総武線]][[幕張駅]]近くにある。営業所は本社と同じ場所に幕張営業所のみ存在する。主な路線は、JR幕張駅から[[八千代台駅]]、[[日立製作所]]、花島公園に向かう3路線であるが、乗客が多いのは花島公園線である。[[2004年]]より、JR幕張駅から[[総武本線|JR総武線]]、[[京成千葉線]]をアンダークロスして[[海浜幕張駅]]までのルートが新設され、花島公園線を中心に直通運転がなされている。なお親会社の東洋バスと同様、現時点では[[バス共通カード]]は導入されておらず、[[PASMO]]への加入予定も無い
 
[[ファイル:Cssb sokumen.JPG|thumb|200px|right|側面行先表示器。全車がLED化改造され、側面の小型幕は「千葉シーサイドバス」で固定表示]]
所有する車両は、路線に狭隘な道路が多いため、ほとんどが中型車であるほか、[[2006年]]に新設された[[幕張本郷駅]]ルート(後述)にて投入された大型車2台も在籍している。一部では車体の全面広告(いわゆるラッピングバス)も見られる。また2006年度に入り、KC-台の車両について行先表示器をLEDパネル化する工事が行われ、U-台車の淘汰と合わせて、全車とも完了している。また、放送装置がテープ式から音声合成式へ置き換えられている。後述の[[千葉マリンスタジアム]]の乗り入れに伴って、東洋バスより中型ワンステップ車両が数台転入された。
 
なお親会社の東洋バスと同様、現時点では[[バス共通カード]]は導入されておらず、[[PASMO]]への加入予定も無い。
 
== 沿革 ==
 
この路線の開通に際し、競合する京成バスの瑞穂の杜線、検見川線、花見川南線は、新検見川駅と花見川区役所及び区役所入口の間で運賃の値下げを実施した。
 
== 廃止・撤退路線 ==
== 車両 ==
[[ファイル:Cssb sokumen.JPG|thumb|200px|right|側面行先表示器。全車がLED化改造され、側面の小型幕は「千葉シーサイドバス」で固定表示]]
所有する車両は、東洋バスからの転入車であり、開設当初から[[三菱ふそうトラック・バス|三菱ふそう]]が大多数を収る。路線に狭隘な道路が多いため、ほとんどが中型車であるほか、[[2006年]]に新設された[[幕張本郷駅]]ルート(後述)にて投入された大型車23台も在籍している。一部では車体の全面広告(いわゆるラッピングバス)も見られる。また2006年度に入り、KC-台の車両について行先表示器をLEDパネル化する工事が行われ、U-台車の淘汰と合わせて、全車とも完了している。また、放送装置がテープ式から音声合成式へ置き換えられている。後述の[[千葉マリンスタジアム]]の乗り入れに伴って、東洋バスより中型ワンステップ車両が数台転入された。
 
== 外部リンク ==
1,725

回編集