メインメニューを開く

差分

m
言語ラベルほか
'''エーマティオーン'''({{lang-grc-short|'''EmathionἨμαθίων''', [[ギリシア語|希]]:Ἠμαθίων)''Ēmathiōn''}})は、[[ギリシア神話]]の人物である。[[長母音]]を省略して'''エマティオン'''とも表記する。[[トローイア]]王[[ラーオメドーン]]の子[[ティートーノス]]と[[エーオース]]の子で、[[メムノーン]]と兄弟<ref>ヘーシオドス、984~985。</ref>。
 
エーオースはティートーノスをさらってエーマティオーンとメムノーンを生んだとされる<ref>アポロドーロス、3巻12・4~12・5。</ref>。エーマティオーンは[[エチオピア]]の王で<ref>シケリアのディオドロス、4巻27・3。</ref>、[[ヘーラクレース]]が[[ヘスペリス]]に[[黄金の林檎]]を取りに行く冒険で[[アラビア]]を通ったときに殺された<ref>アポロドーロス、2巻5・11。</ref>。あるいは[[ナイル川]]上流からエチオピアにやって来たヘーラクレースと戦争になり、殺されたという<ref>シケリアのディオドロス、4巻27・3。</ref>。
10,184

回編集