「ICONIX」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 2 件をウィキデータ上の d:Q5958756 に転記)
m
''ICONIX(アイコニクス)'' は、[[ラショナル統一プロセス]](RUP)、[[エクストリーム・プログラミング|エクストリーム・プログラミング]](XP)、及び[[アジャイルソフトウェア開発]]よりも前から存在する[[ソフトウェア開発方法論]]である。RUPと同様にICONIXプロセスは[[統一モデリング言語|UML]]の[[ユースケース]]駆動であるが、RUPより軽量である。XPやアジャイルのアプローチとは異なり、ICONIXは十分な要求と設計のドキュメントを作成するが、分析麻痺にはならないようにする。ICONIXプロセスは、4ステップのプロセスでただ4つのUML図を使用して、ユースケース記述を動作するコードに変換する。
 
ICONIXを他と区別する特徴は、分析と設計のギャップを埋める方法である[http://iconixprocess.com/iconix-process/analysis-and-preliminary-design/robustness-analysis/ ロバストネス分析]を使用することである。ロバストネス分析はユースケース記述の曖昧さを、付随するドメインモデルの文脈への記載を確実にすることによって、削減する。このプロセスにより、ユースケースからの設計、テスト、及び見積りがより容易になる。
25,487

回編集