「天平宝字」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 10 件をウィキデータ上の d:q1346307 に転記)
'''天平宝字'''(てんぴょうほうじ、正字体:'''天平寶字''')は、日本の[[元号]]の一つ。[[天平勝宝]]の後、[[天平神護]]の前。[[757年]]から[[765年]]までの期間を指す。この時代の天皇は[[孝謙天皇]]、[[淳仁天皇]]、[[孝謙天皇#称徳天皇|称徳天皇]](孝謙天皇[[重祚]])。
 
==改元==
* 天平宝字3(759)年 - [[大伴家持]]が『[[万葉集]]』を編纂。
* 天平宝字7(763)年 - [[鑑真和上]]が死去。 
* 天平宝字8(764)年 - [[藤原仲麻呂の乱|恵美押勝の乱]]。淳仁天皇を廃して[[淡路国|淡路]]に配流し、[[孝謙天皇|孝謙上皇]][[重祚]]し、称徳天皇となる。
* 天平宝字8年 - [[儀鳳暦]]から[[大衍暦]]に改暦。