「チャタレー事件」の版間の差分

編集の要約なし
|参照法条=刑法175条、憲法21条
}}
'''チャタレー事件'''(チャタレーじけん)は、[[イギリス]]の[[作家]][[D・H・ローレンス]]の作品『[[チャタレイ夫人の恋人]]』を[[日本語]]に訳した作家[[伊藤整]]と、版元の小山書店社長小山久二郎に対して[[刑法 (日本)|刑法]]第175条の[[わいせつ物頒布罪]]が問われた1950年代の事件で、日本政府と進駐軍による検閲が行なわれていた占領下の1951年に始まり<ref name="repo1"/>、1957年の上告棄却で終結した。[[わいせつ]]と[[表現の自由]]の関係が問われた。
 
== 概要 ==
 
== 事件の意義 ==
わいせつの意義が示されたことにより、後の裁判に影響を与えた。また、裁判所がわいせつの判断をなしうるとしたことは、同種の裁判の先例となった。国内だけでなく、東京でのこの裁判は、のちのイギリスやアメリカでの同種の裁判の先鞭となり、書籍や映画の販売促進に効果的な手段としてみなされ、利用されるようになった<ref name=repo1>[http://books.google.co.jp/books?id=jjUjBOnsmjwC&pg=PA183&dq=Lady+Chatterley%27s+Lover%E3%80%80japan&hl=ja&sa=X&ei=bWGMUaCWFcSGkAWl4oCwAw&ved=0CDcQ6AEwAg#v=onepage&q=Lady%20Chatterley%27s%20Lover%E3%80%80japan&f=true Representing the Other in Modern Japanese Literature: A Critical Approach by Rachael Hutchinson, Mark Williams, Routledge, 2006]</ref>
 
=== 公共の福祉論について ===
* [[2007年]]に「日本D・H・ロレンス協会」の会長を務めた倉持三郎が、[[彩流社]]で『「チャタレー夫人の恋人」裁判 日米英の比較』を刊行した。なお著者は集大成の形で、[[2005年]]に同社より『[[D・H・ローレンス]]の作品と時代背景』を刊行している。
 
== 判例評釈参考文献 ==
* [[阪本昌成]]「わいせつ文書の頒布禁止と表現の自由─チャタレイ事件」[[芦部信喜]]・[[高橋和之 (憲法学者)|高橋和之]]・[[長谷部恭男]]編『憲法判例百選I 第4版』(有斐閣、2000年)
* [[阪口正二郎]]「文学とわいせつ(1)─チャタレー事件」[[堀部政男]]・長谷部恭男編『メディア判例百選』(有斐閣、2005年)
*伊藤整『裁判』1958年(復刻版、晶文社, 1997年)- 伊藤の裁判メモをもとにしたドキュメンタリー小説。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
<references/>
 
== 関連事件 ==
* [[悪徳の栄え事件]]
* [[四畳半襖の下張事件]]
* [[愛のコリーダ]]事件裁判
 
== 関連項目 ==
* [[ポルノ]]
* [[エロティカ]]
* [[日本キリスト教婦人矯風会]]
* [[民間検閲支隊]]
 
== 外部リンク ==