「パルテノパイオス」の版間の差分

m
言語ラベルほか
m (ボット: 言語間リンク 17 件をウィキデータ上の (d:Q1128942 に転記))
m (言語ラベルほか)
'''パルテノパイオス'''(Parthenopaios({{lang-grc-short|'''Παρθενοπαῖος''', [[ギリシア語]]:Παρθενοπαῖος)''Parthenopaios''}})は[[ギリシア神話]]に登場する人物。[[テーバイ攻めの七将]]の一人。
パルテノパイオスとは「処女の息子」という意味で、女[[狩人]][[アタランテー]]と[[メラニオーン]]との間に生まれた。父親については[[ヒッポメネース]]、[[メレアグロス]]あるいは[[アレース]]だとする説もある。まったく別の説では、[[アルゴス (ギリシャ)|アルゴス]]王[[タラオス]]とリューシマケーの子であるとする。この場合、パルテノパイオスは[[アドラストス]]や[[エリピューレー]]の兄弟ということになる。
パルテノパイオスの息子に[[プロマコス]]があり、[[エピゴノイ]]の一人となった。