「ハーシェミー・ラフサンジャーニー」の版間の差分

 
[[イラン大統領選挙 (2009年)|2009年の大統領選挙]]では、改革派の[[ミール・ホセイン・ムーサヴィー]]候補を支援したと報道された<ref>「[http://mainichi.jp/select/world/news/20090701ddm007030076000c.html イラン大統領選:再選を確認 ラフサンジャニ氏、動向焦点 改革派を背後で支援]」 [[毎日新聞]]、2009年[[7月1日]]。2009年[[7月24日]]閲覧。</ref>。[[2009年]][[6月3日]]、保守強硬派で現職の[[マフムード・アフマディーネジャード]]大統領と改革派のムーサヴィー元首相の間で行われた直接討論会において、アフマディーネジャード大統領はムーサヴィー批判の中で「彼の背後には、ラフサンジャーニーがいる」と指摘し、ラフサンジャーニーとその親族、側近らの「腐敗」を名指しして非難。「彼らは手ぶらで来て、大金持ちになった。ムーサヴィー氏が勝てば、その特権主義が継承される」と語った。ラフサンジャーニーとその親族、側近らの腐敗は国民の間でささやかれてきたという。<ref>http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20090605k0000m030030000c.html</ref>
 
[[イラン大統領選挙 (2013年)|2013年の大統領選挙]]に、2013年5月11日に立候補を届け出た<ref>{[citenews|url=http://sankei.jp.msn.com/world/news/130511/mds13051123540005-n1.htm|title=イラン大統領選にジャリリ氏、ラフサンジャニ元大統領らが届け出|publisher=産経新聞|date=2013年5月11日|accessdate-2013年5月12日}}</ref>。
 
== 人物 ==
296

回編集