「ローマの信徒への手紙」の版間の差分

m
m (ボット: 言語間リンク 66 件をウィキデータ上の d:q48203 に転記)
『'''ローマの信徒への手紙'''』は『[[新約聖書]]』中の一書で、[[使徒]][[パウロ]]の手によるとされる書簡。『'''ローマ人への手紙'''』や『'''ローマ書'''』(『ロマ書』)などとも呼ばれる。本書はパウロ本人によって書かれたものであるとみなされている七つの手紙の一つである。
 
[[19世紀]][[ドイツ]]の[[テュービンゲン学派]]を代表する学者でパウロ書簡の多くを本人のものでないと考えていた[[フェルディナント・クリスティアン・バウア]]さえパウロのものと認めていた。
 
==歴史==
29,286

回編集