「ポリモルフィックコード」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 10 件をウィキデータ上の d:Q950981 に転記)
悪意ある[[プログラマ]]は、暗号化できない復号エンジン部をウイルスやワームが伝播するたびに書き換えることでセキュリティソフトウェアから逃れようとする。また、アンチウイルスソフトウェア側も[[マルウェア]]を確実に検出するため、復号エンジン部の突然変異によっても変化しないパターンを見つけ出そうとする。
 
世界初のポリモルフィックコード方式のウイルスを作ったのは Mark Washburn である。そのウイルス 1260 は1990年に書かれた。もっとよく知られているポリモルフィックコード方式のウイルスとしては、1992年に[[ブルガリア人]]クラッカー Dark Avenger が作ったもの、ミューテーションエンジン(Dark Avenger Mutation Engineを略してDAME、あるいはMtEと略される)ある。MtEの著しい特徴は、それ自身は厳密にはウイルスではなく、他のウイルスにとりつき、そのウイルスのコードを暗号化する「エンジン」である点である。
 
== 例 ==