「Ubuntu」の版間の差分

→‎世間の評価: (書きかけ)利用者:Nagakazuさんによる文章を加筆修正。Wikipedia:独自研究気味であった『#ユーザーの変化』節タイトルを#DistroWatch.comのランキングの推移に変更
m (→‎ユーザーの変化: Nagakazu会話投稿記録)による2013-02-17T15:24:10から2013-02-17T15:41:52の編集を『世間の評価』に移動)
(→‎世間の評価: (書きかけ)利用者:Nagakazuさんによる文章を加筆修正。Wikipedia:独自研究気味であった『#ユーザーの変化』節タイトルを#DistroWatch.comのランキングの推移に変更)
日本では主に、北海道[[夕張市]]や大阪府[[箕面市]]が、Ubuntu及びその派生ディストリビューションの導入を進めている。
 
===DistroWatch.comのランキングの推移===
===ユーザーの変化===
[[DistroWatch|DistroWatch]][http://distrowatch.com/]とは[[オープンソース]]の[[オペレーティングシステム]]を紹介しているニュースサイトの一つで、主として[[Linux]]や[[BSD]]系[[ディストリビューション]]のリリース情報や標準デスクトップアプリケーションの比較記事などを掲載している。メジャー・マイナー問わず、各ディストリビューションのリリース情報やスクリーンショットなどをそれぞれ個別のページに管理しており、各OSの[[ページ閲覧数]]を「Page Hit Ranking」としてトップページに掲載している。<ref>http://distrowatch.com/dwres.php?resource=popularity</ref>
 
Ubuntu Desktopはこのランキングで、2004年のファーストリリースから2010年までの数年を連続で1位を獲得している。
[[DistroWatch]]のページ閲覧数の比較で、これまで閲覧数ランキングで1位であったUbuntuが[[Linux Mint]]に抜かされ2位に落ちた原因は、Ubuntu11.04以降でデフォルトのデスクトップ環境が[[Unity]]に変更されて、ユーザの批判が大きかったからだという報道<ref>{{Cite web|date=2011-11-29|url=http://japan.internet.com/wmnews/20111129/3.html|work=マイナビニュース|title=Ubuntuシェア減止まらず、Mint急浮上 - Royal Pingdom報告 | 開発・SE | マイナビニュース|accessdate=2012-10-08}}</ref><ref>{{Cite web|date=2011-11-25|url=http://news.mynavi.jp/news/2011/11/25/047/index.html|title=Ubuntu の人気が急降下 ― Unity の採用が原因か?|accessdate=2012-10-09}}</ref>がある。たしかにDistroWatchのページ閲覧数の比較によりユーザーのUbuntuへの関心がLinux Mint及び[[Mageia]]よりも低くなっているとも考えられるが、[[Googleトレンド|Google Trends]]の検索回数の統計には大きな変化は見られていない<ref>{{Cite web|url=http://www.google.co.jp/trends/explore#q=mint,ubuntu&date=today+12-m|title=Google Trends - Web Search Interest: mint, ubuntu - Worldwide, Past 12 months|accessdate=2012-11-24}}</ref>。また、DistroWatchのページアクセスランキングのみを根拠とした報道を疑問視する見方もある<ref>{{Cite web|date=2011-12-06|url=http://d.hatena.ne.jp/lamich/20111206/1323146100|title=『Ubuntuのシェアが減ってる』というマイナビの記事を鵜呑みにしてはいけない - lamichの日記|accessdate=2012-10-09}}</ref>。
また、DistroWatchのページアクセスランキングのみを根拠とした報道を疑問視する見方もある<ref>{{Cite web|date=2011-12-06|url=http://d.hatena.ne.jp/lamich/20111206/1323146100|title=『Ubuntuのシェアが減ってる』というマイナビの記事を鵜呑みにしてはいけない - lamichの日記|accessdate=2012-10-09}}</ref>。
 
[[フリーソフトウェア財団]]の会長の[[リチャード・ストールマン]]は、Ubuntuがバージョン 12.10より[[Unity]]Lens検索に、標準で[[Amazon]]の商品検索機能を導入したことについて、「スパイウェアである」などの強い批判をしており、Ubuntuの利用を控えるように主張している<ref>{{Cite web|url=http://jp.techcrunch.com/archives/20121207free-software-leader-richard-stallman-amazon-search-integration-in-ubuntu-amounts-to-spyware|title=フリーソフトウェアのリーダーRichard Stallman曰く: Amazonの検索を統合したUbuntuはスパイウェアだ|accessdate=2012-12-09}}</ref>。
[[DistroWatch]]のページ閲覧数の比較で、これまで閲覧数ランキングで1位であったUbuntuが[[Linux Mint]]に抜かされ2位に落ちた原因は、Ubuntu11.04以降でデフォルトのデスクトップ環境が[[Unity]]に変更されて、ユーザの批判が大きかったからだという報道<ref>{{Cite web|date=2011-11-29|url=http://japan.internet.com/wmnews/20111129/3.html|work=マイナビニュース|title=Ubuntuシェア減止まらず、Mint急浮上 - Royal Pingdom報告 | 開発・SE | マイナビニュース|accessdate=2012-10-08}}</ref><ref>{{Cite web|date=2011-11-25|url=http://news.mynavi.jp/news/2011/11/25/047/index.html|title=Ubuntu の人気が急降下 ― Unity の採用が原因か?|accessdate=2012-10-09}}</ref>がある。たしかにDistroWatchのページ閲覧数の比較によりユーザーのUbuntuへの関心がLinux Mint及び[[Mageia]]よりも低くなっているとも考えられるが、[[Googleトレンド|Google Trends]]の検索回数の統計には大きな変化は見られていない<ref>{{Cite web|url=http://www.google.co.jp/trends/explore#q=mint,ubuntu&date=today+12-m|title=Google Trends - Web Search Interest: mint, ubuntu - Worldwide, Past 12 months|accessdate=2012-11-24}}</ref>。また、DistroWatchのページアクセスランキングのみを根拠とした報道を疑問視する見方もある<ref>{{Cite web|date=2011-12-06|url=http://d.hatena.ne.jp/lamich/20111206/1323146100|title=『Ubuntuのシェアが減ってる』というマイナビの記事を鵜呑みにしてはいけない - lamichの日記|accessdate=2012-10-09}}</ref>。
 
==Debianとの関係==
137

回編集