「無産政党」の版間の差分

[[第一次世界大戦]](欧洲大戦)による日本[[資本主義]]の本格的勃興は、日本の労資間の対立を尖鋭化した。それを承け、社会主義者の間に再び結党の動きが起り、1920年12月に'''[[日本社会主義同盟]]'''が成立して統一戦線の気運が高まった。同盟そのものは直ぐに禁止となるが、'''[[農民労働党]]'''(即日禁止)を経て、'''[[労働農民党]](労農党)'''の樹立に成功した。
 
しかし全国的単一党であった労働農民党は、指導者層の対立と支持母体である'''[[日本労働総同盟]]'''の左右への分解とが問題となり(左派は'''[[日本労働組合評議会]]'''を結成)、最右派の'''[[日本農民党 (1926-1928)|日本農民党]]'''、右派の'''[[社会民衆党]](社民党)'''、中道の'''[[日本労農党]](日労党)'''が分裂し、この結果、労農党は左派無産政党に改組された(1926年)。労農党そのものは[[三・一五事件]]によって指導者を失い(1928年)、[[治安警察法]]により政府から解散を命ぜられた。その結果、一部は最左派の'''[[労農党 (新労農党1929-1931)|新労農党]]'''となり、また一部は非合法の[[日本共産党]]となって地下潜行を行った。他方、旧労農党内部の[[労農派]]を中心として、最左派の非現実性を指弾し'''[[無産大衆党]]'''を組織するものが現れた。
 
労働農民党の分裂以後、無産政党各派は全国的政党たる三派と、無数の地方的政党に分裂したが、'''[[普通選挙]]'''(普選)実施による統一戦線の必要などから、再び全国的単一党の形成を模索し始めた。その結果、日労党を中核とし、[[日本農民党 (1926-1928)|日本農民党]]と無産大衆党などの都合七党による結党が行われ、[[日本大衆党]]が生れた。(1928年12月)日本大衆党も内部分裂が絶えなかったが、同党は再び(新)労農党、旧無産大衆党、社民党系と合同し、ここに戦前の単一無産政党たる'''[[社会大衆党]](社大党)'''が生れた(1932年7月)。
匿名利用者