「戦争と平和 (1967年の映画)」の版間の差分

あらすじ追加
(あらすじ追加)
 
=== 第1部 アンドレイ・ボルコンスキー ===
[[ナポレオン]]の噂で持ち切りの1805年の[[サンクトペテルブルク|ペテルブルク]]の社交界、将来の進路を決められないピエールは仲間の貴族たちと放蕩生活にふけっていたが、伯父伯爵が亡くなり、莫大な財産を受け継ぐ。勧められるままエレンと結婚するが、妻のことで侮辱され、ドーロホフと決闘し、相手を傷つけてしまう。友人のアンドレイは[[アウステルリッツの戦い|アウステルリッツ]]の戦地に赴き、[[クトゥーゾフ]]将軍の副官として激戦のなか軍旗を掲げ軍を率いていたとき負傷して倒れる。その姿を見た敵将ナポレオンは美しい死と讃える。アンドレイは命を取り留め仏軍の捕虜となるが、ロシアの家族には戦死の報が届けられる。おりから彼の子を身ごもっていたリーザは正気を失い、出産直前に生還した夫の顔も見分けられぬまま死んでゆく。アンドレイは生への望みを失い、世間から隠れて暮らそうと考える。
アンドレイを主人公に[[アウステルリッツの戦い]]を中心に描くとともに、アンドレイの家族やピエールの結婚とその破綻を描く。前半は原作の第一巻、後半は第二巻第一部に相当する内容になっている。
 
前半は原作の第一巻、後半は第二巻第一部に相当する内容になっている。
 
=== 第2部 ナターシャ・ロストワ ===
1809年、ナターシャは初めての舞踏会に出席し、アンドレイに踊りを誘われる。二人は一目で愛し合い、アンドレイは求婚するが、ナターシャが若いために頑迷な父公爵によって一年間の猶予がつけられる。この一年は彼女にはあまりにも長過ぎた。狼狩りに加わったり、伯父の家でロシアの踊りを披露したりするが、無聊は収まらない。そのようなおり家族とモスクワの劇場で観劇中、エレンの弟のクラーギンと出会い、その熱烈な求愛に負け、外国への駆け落ちを決心する。企ては失敗し、それを知ったアンドレイも彼女を許そうとはしなかった。感受性豊かなナターシャがすべてのことに生き生きとした反応をしてゆくさまがみごとに描かれている。
ナターシャを主人公に貴族らの生活を描く。原作の第二巻第二部から第三巻第一部までに相当する内容になっている。ただし、ピエールがナターシャに想いを告白するのは、ナターシャが自ら引き起こしたスキャンダルによる心労で病に伏せた後である。
 
ナターシャを主人公に貴族らの生活を描く。原作の第二巻第二部から第三巻第一部までに相当する内容になっている。ただし、ピエールがナターシャに想いを告白するのは、ナターシャが自ら引き起こしたスキャンダルによる心労で病に伏せた後である。
 
=== 第3部 1812年 ===
1812年、ナポレオンがロシアに侵攻する。仏軍に連敗の露軍は、再度クトゥーゾフを司令官に迎える。アンドレイもまた出征し、[[ボロジノの戦い]]で負傷する。ピエールも従軍し戦争のすざまじさとおそろしさの一部始終を見聞する。本編は大半が壮大な戦闘シーンで占められている。
ピエールの視点で[[ボロジノの戦い]]を描く。戦闘シーンが大半を占めている。原作の第三巻第二部に相当する内容になっている。ただし、ピエールは義勇軍を率いて参戦するのではなく、戦場を単独で視察に来るだけである。
 
ピエールの視点で[[ボロジノの戦い]]を描く。戦闘シーンが大半を占めている。原作の第三巻第二部に相当する内容になっている。ただし、ピエールは義勇軍を率いて参戦するのではなく、戦場を単独で視察に来るだけである。
 
=== 第4部 ピエール・ベズーホフ ===
仏軍がモスクワに迫り、クトゥーゾフ将軍はモスクワ退却を決意する。ロストフ家も多くの市民とともに市街を撤退するが、ピエールは農民に身をやつし町に残る。ナポレオンを殺そうと思ってだった。そこでフランスの将校ランバン大尉と知り合う。モスクワの町は仏軍によって略奪放火され、義憤にかられ抵抗したピエールはとらえられ、死刑の宣告を受けるが、危うく処刑は逃れる。重傷で避難してきたアンドレイとナターシャは再会し、お互いの愛を確かめあう。クトゥーゾフはナポレオンの講和勧告を無視し続け、しびれを切らしたナポレオンは退却を始めた。ロシア軍が反撃を始める。捕虜になっていたピエールは解放されるが、ナターシャの弟ペーチャ少年は戦死する。ナポレオンは自軍を捨ててパリに逃げ帰って行った。捕虜となったランバン大尉はロシアの兵隊たちから「みんな同じ人間だ」と、酒食をふるまわれる。大尉はお返しに『アンリ4世万歳』の歌を教える。帰還したピエールは再会したナターシャに初めて会ったときから変わらぬ愛を確認する。
ピエールを主人公にナポレオン軍のモスクワ侵攻とそこからの撤退を描く。原作の第三巻第三部から第四巻までに相当する内容になっている。ただし、原作にあるエピローグはなく、ピエールとナターシャが結ばれることを示唆して物語は終わる。
 
ピエールを主人公にナポレオン軍のモスクワ侵攻とそこからの撤退を描く。原作の第三巻第三部から第四巻までに相当する内容になっている。ただし、原作にあるエピローグはなく、ピエールとナターシャが結ばれることを示唆して物語は終わる。
 
== キャスト ==
134

回編集