「伊達宗遠」の版間の差分

編集の要約なし
'''伊達 宗遠'''('''だてむねとう''' [[正中]]元年([[1324年]]) - [[元中]]2年/[[至徳]]2年([[1385年]]))は[[守護大名]]。[[伊達氏]]第8代当主。官位は従五位下、弾正少弼。父は[[伊達行宗]]、母は[[田村氏]]の娘・静照院。息子に[[伊達政宗 (大膳大夫)|伊達政宗]]など。 宗遠の息子の[[大条宗行|宗行]]は、[[大条氏]](大枝)の祖となった。
==経歴==
 
[[1380年]]頃から[[長井氏]]を攻め立てた。宗遠は周辺各氏との一揆契約や騙し討ちなどの謀略を駆使し、長井氏を確実に切り崩していった。結局[[1385年]]には長井氏は滅亡し、伊達氏は米沢を手に入れる事になった。
[[1381年]]には[[大崎氏]]と戦い信夫郡、刈田郡、伊具郡、柴田郡を奪い、また、[[武石行胤]]を破り亘理郡も実質的な支配下に組み入れている。
匿名利用者