「高瀬道場」の版間の差分

* [[日活]]アクション時代の[[殺陣師]]であり、現主宰者・[[高瀬将嗣]]の父である高瀬将敏によって創立。
* 「演技としてのアクション」をコンセプトにしている。
* 映画『[[ビーバップハイスクール]]』、『[[マルタイの女]]』、TV『[[あぶない刑事]]』で一躍その名を知らしめる。体に[[サポーター]]を取り付け、当てていい所には徹底的に実際に当てる、リアルファイトスタイルのアクションを確立した。
* [[2001年]]には、法人名を「株式会社ガイズエンターテイメント」に変更し、俳優マネージメント部門の「ガイズ」、アクション部門の「高瀬道場」の2本柱で再スタートした。
* 現在は一般の人々にも門戸を開放し、「演技としてのアクション」の楽しさを全ての人々に広げようとしている。
匿名利用者