「朝田静夫」の版間の差分

編集の要約なし
退官後、政府の特殊会社だった日本航空に天下り、専務、副社長を経て、1971年、社長に就任した。日航機のニューヨーク乗り入れ、日ソ、日中の路線開設交渉に手腕を発揮したが、1972年にモスクワでの日航機墜落事故、1974年に羽田発那覇行きジャンボ機の乗っ取り事件が起き、安全管理体制の再構築も迫られた。81年に社長を退任し、相談役になった。<BR>
日本航空協会会長、国際博覧会協会会長など多数の公職を歴任。趣味の囲碁は六段の腕前で、[[日本棋院]]の理事長、総裁を務めた。人当たりは良いが、芯は強く、頭の回転が早いことから「カミソリ」と呼ばれた。御巣鷹山での日航機墜落事故を主題にした[[山崎豊子]]の小説「[[沈まぬ太陽]]」に登場するワンマン経営者「小暮社長」のモデルともいわれる。
 
[[category:官僚|あさだしずお]]
匿名利用者