「清水章吾」の版間の差分

[[2006年]]秋に所属事務所から独立した後、家族会社(株式会社アトリエ・ハルマン。主要業務は絵画の製作販売(美術品商許可保持)、会社そのものはギャラリーとして機能している)が設立。会社の代表取締役は[[洋画家]]の妻、[[清水ハルマン]]である。
 
娘の[[清水響美]]は[[1999年]]度[[帝人]]キャンペーンガール。長女(ハルマンの実子で再婚時に養女となった)の[[桑原絹]]は[[画家]]
 
旧芸名として、一部で「花柳章吾」が表記されているが、これは間違いである(花柳の名前は新派の上位でなければ名乗れない)。しかし、師である花柳章太郎は、清水を厳しく修行させながらも大変気に入り、その縁で、自らの芸名の中から3文字(『花』・柳のへんの『木』・章太郎の『章』)を清水に名乗らせることを許したという。このおかげで、当時の新派の若手メンバーとしては格段の出世をしたため、いろいろと大変な目にも遭った。
32

回編集