「陳生」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
|特記事項 =
}}
'''陳 生'''(ちん せい、生没年不詳)は、[[中国]][[後漢]]末期の人物。『[[三国志 (歴史書)|三国志]]』[[魏書]][[劉表]]伝の注に登場す記述がある。
 
[[荊州]][[江夏区|江夏]]において活動していた賊の一人で、[[張虎]]と共に[[襄陽市|襄陽]]に割拠していたが、[[荊州]][[刺史]]であった劉表の部下の[[カイ越|蒯越]]の説得により降伏した。
 
小説『[[三国志演義]]』においては、[[長沙]][[太守]][[孫堅]]が荊州に侵攻してきた際、江夏太守の[[黄祖]]に従い張虎の副将として加勢に出る。しかし、初陣の[[孫策]]に矢で射られて戦死している。
 
[[Category:三国志の登場人物|ちん せい]]
匿名利用者