「ダイハツ・ミラジーノ1000」の版間の差分

編集の要約なし
| 同車台=[[ダイハツ・ミラ]]
}}
'''ミラ ジーノ 1000'''(''Mira Gino 1000'')は、[[ダイハツ工業]]がかつて生産・販売していた[[自動車]]。[[ダイハツ・ミラジーノ]](以下「ジーノ」)の上位グレードに当たる。
 
== 概要 ==
ボディは初代ミラジーノから、[[エンジン]]は[[ダイハツ・ストーリア|ストーリア]](OEM車種の[[トヨタ・デュエット]]を含む)と同じ1,000cc12バルブDOHC・[[ダイハツ・EJ型エンジン|EJ-VE型]]64馬力を使用している。具体的には輸出仕様の[[ダイハツ・クオーレ|クオーレ]](5代目[[ダイハツ・ミラ|ミラ]])の外装をミラジーノに改め、軽のミラジーノに対し前後バンパーのオーバーライダーにガードと前後フェンダーアーチ部にメッキモールが装着されただけであり<ref>それだけに全長と全幅はほんの少しだけ拡大されている。</ref>内装自体はミラジーノと全く同じ、制振や静音性を向上させるまでには至らず、乗り心地は社内外の競合車種<ref>[[日産・マーチ]]、[[ホンダ・フィット]]など。</ref>と比べてかなり古典的なものを感じるものとなってしまった。
 
しかも性格やコンセプトが中途半端であり1000ccのパワーのことを考慮すると税金・高速道路通行料・車検費用では軽自動車のターボ車のほうが安上がりになってしまう<ref>ただし、1000ccモデル故に常用回転域での使用では軽のターボ車よりも扱いやすく、燃費やトルクの面で有利になることも少なくなかった。</ref>こともありほとんど売れなかった。
 
2004年6月の[[ダイハツ・ブーン|ブーン]]の登場に伴い、軽自動車のミラジーノに先行して生産中止となった。
総生産台数は1000ccモデルで1290台。
 
{{自動車}}
{{ダイハツ}}
{{デフォルトソート:たいはつみらしいの1000}}
[[Category:ダイハツの車種|みらしいの1000]]
[[Category:ハッチバック]]
匿名利用者