「社会問題」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 15 件をウィキデータ上の d:q1920219 に転記)
 
このほか、複数の民族間で各々の[[価値観]]の違いから、双方が問題視しているにもかかわらず、なかなか合意点に達せない問題も多い。場合によっては一方の民族社会では社会問題として認識されながらも、もう一方の民族では問題視すらされて居ないケースまである(→[[民族問題]])。これは「問題はその社会の構成員に問題視されて初めて問題となる」という社会問題の持つ性質によるものである。
 
===社会問題が派生させる社会的問題===
影響が広域に及ぶ事から、関連事象の発生も含めると非常に大きな変化の要因ともなるため、これを意図して所定の問題への注意を喚起させ、大衆を扇動しようとする者までおり、その在り様も含めて社会問題となりうる。
 
こういった汎社会的な問題においては、より多くの者が問題解決に参加することも望まれるため、[[報道]]やマスメディアを通じても様々な情報が提供されており、また[[インターネット]]などでも問題視する側が情報提供を行っている。ただこういった情報発信者の中には事態を問題視する余り、中立的ではなかったり正確性に難のある情報を発信している者もあり、これは[[メディア・リテラシー]]が問われる別の社会問題ともなる。
 
==脚注==
124

回編集