「三囲神社」の版間の差分

編集の要約なし
 
==概要==
[[倉稲魂命]]=[[宇迦之御魂神]]を祀る。旧[[村社]](現在はかつての小梅村にあたる地区にあるが、旧地は須崎村にあったと推測されている)。元、田中稲荷と称した。創立年代は不詳。伝によれば、[[近江国]]三井寺の[[僧]][[源慶]]が当地に遍歴して来た時、小さな祠のいわれを聞き、社壇の改築をしようと掘ったところ、壺が出土した。その中に、右手に宝珠を、左手にイネを持ち、白狐に跨った老爺の[[神像]]があった。このとき、白狐がどこからともなく現れ、その神像の回りを3回回って死んだ。三囲の名称はここに由来するという。
 
[[元禄]]6年([[1693年]])、[[旱魃]]の時、俳人[[其角]]が偶然、当地に来て、地元の者の哀願によって、この神に雨乞いする者に代わって、「遊(ゆ)ふた地や田を見めくりの神ならは」と一句を神前に奉ったところ、翌日、降雨を見た。このことからこの神社の名は広まり、京都の豪商三井氏が[[江戸]]に進出すると、その[[守護神]]として崇め、[[三越]]の本支店に分霊を奉祀した。
 
==三井家との関係==
[[三井家]]では、[[享保]]年間に三囲神社を江戸における守護社と定めた。理由は、三囲神社のある[[向島]]が、三井の本拠である[[江戸本町]]から見て東北の方角にあり、[[鬼門]]だったことと、三囲神社の“囲”の文字に三井の“井”が入っているため、「三井を守る」と考えられたため。社域の一角には没後100年を経た三井家当主たちを祀った「顕名霊社」がある。三井グループ各社の総務部によって三囲会が組織されており、年に4回代表が一堂に会し祭典を催している<ref>[http://www.mitsuipr.com/special/spot/09/ 三井広報委員会 SPOT三囲神社]</ref>。閉店した池袋三越前にあったライオン像も寄贈されている。
 
== 祭神 ==
 
===ライオンの狛犬===
 
神社境内の狛犬のそばにライオン像がおかれている。[[三越|三越百貨店]]の入り口に置かれているものと同じ像で、[[2009年]]に三越から奉納された。かつては池袋三越店頭に設置されていたもので、同店の閉店に伴い、神社からの申し出により、三越と強い縁を持っている事から実現した。<!-- ソース→ http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20100127-OYT8T00123.htm?from=navr あのライオン像 神社に 池袋三越が寄贈 墨田-->
 
 
==所在地==
*[http://local.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%80%80%E5%A2%A8%E7%94%B0%E5%8C%BA%E5%90%91%E5%B3%B6%E3%80%80%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE%E3%80%80%E4%B8%89%E5%9B%B2%E7%A5%9E%E7%A4%BE&sll=35.713077,139.806132&sspn=0.001368,0.00213&brcurrent=3,0x60188edb975fc003:0xbfcbca4d10524bcf,0&ie=UTF8&hq=%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE+%E4%B8%89%E5%9B%B2%E7%A5%9E%E7%A4%BE&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%A2%A8%E7%94%B0%E5%8C%BA%E5%90%91%E5%B3%B6&ll=35.714897,139.806738&spn=0.002735,0.004259&t=k&z=18 東京都墨田区向島2-5-17]
*東京都墨田区向島2-5-17
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
<references/>
 
==外部リンク==
*[http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/syoukai/13_sumida/13018.html 三囲神社(東京都神社庁)]
*[http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1174161/92 三囲稲荷社(江戸名所図会)]
*[http://ukiyo-e.org/search?q=mimeguri 浮世絵に描かれた三囲神社]
*[http://www.kumon-ukiyoe.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=698 正一位三囲稲荷大明神]
 
{{DEFAULTSORT:みめくりしんしや}}