「豊川稲荷大阪別院」の版間の差分

編集の要約なし
(画像提供)
編集の要約なし
 
== 沿革 ==
[[明治]]31年]](1898年)、付近の地主であった萩田利平が、当時大阪市内としては辺鄙なこの地を発展させようと、豊川稲荷から'''[[荼枳尼天|吒枳尼天]]'''を[[勧請]]し、稲荷堂を建立したのを始まりとする。
 
その後、明治38年頃に、妙厳寺では[[末寺]]の観音寺を当地に移転し、妙厳寺[[住職]]の嘉硯黙童を開山として、正式な寺院として大阪別院を発足したといわれる<ref>栖川隆道 「禅宗寺院と稲荷信仰」 『稲荷信仰の研究』所載 山陽新聞社、1985年。</ref>。2代目住職までは、妙厳寺から派遣された院代がその職務に当たっていた。
969

回編集