「サッカーにおけるイングランドとスコットランドのライバル関係」の版間の差分

m
リダイレクトの解消。
m (リダイレクトの解消。)
 
==== 1961年の対戦 ====
1961年の試合はイングランドが9-3で勝利した。両者の対戦での最大得点差記録を更新し、スコットランドにとって不名誉な試合となった。キーパーの[[フランク・ハフェイ]]は後にオーストラリアへの移住を決断しているが、この試合での低調なプレーも理由のひとつである。ハフェイのプレーぶりの酷さは、イングランドにおいて「スコットランドのキーパーは質が低い」という固定観念を生んだ<ref>{{cite news |url=http://www.dailyrecord.co.uk/sport/football-news/tm_objectid=16511102&method=full&siteid=66633&headline=we-d-only-have-lost-eight-if-i-d-been-wearing-glasses-name_page.html |title=We'd Only Have Lost Eight If I'd Been Wearing Glasses |work=Daily Record |date=22 December 2005}} {{Dead linkリンク切れ|date=July 2010}}</ref><ref>{{cite news |url=http://www.telegraph.co.uk/sport/main.jhtml?xml=/sport/2007/08/10/sfnphil110.xml |title=Scots goalkeepers no longer a laughing stock |work=Daily Telegraph |location=UK |date=10 August 2007 |accessdate=2010-07-17 |last=Philip |first=Robert }}</ref>。
 
; 試合詳細
29,475

回編集