「New Extend Standard Architecture」の版間の差分

編集の要約なし
m (Category:日本電気を追加 (HotCat使用))
[[1985年]]に発表された[[Intel 80386]]によって、[[1986年]]以降、従来16ビット幅の汎用データバスを使用していた[[IBM]] [[PC/AT]]やNECの[[PC-9800シリーズ]]といったx86系プロセッサ搭載パーソナルコンピュータにおいては、汎用データバスおよびそれを用いる拡張スロットの32ビット化が喫緊の課題となりつつあった。
 
[[PC/AT互換機]]では、本家IBMが[[IBM PS/2|PS/2]]と共にリリースした[[Micro Channel Architecture|MCA]]と、互換機メーカーらによる[[Extended Industry Standard Architecture|EISA]]の戦いという形で現れ([[Extended Industry Standard Architecture#背景|EISAの記事の背景の節]]を参照)、最終的にはEISAの側に軍配が上がった。
<!-- 以下は[[Extended Industry Standard Architecture#背景]]に転記したためコメントアウト
この問題は、一旦は[[コンパック]]などによる、32ビット化する範囲をメモリやチップセットといったメインボード上のローカルなバスに留め、外部拡張スロットには従来通りの16ビット幅のデータバスを利用する手法で問題の先送りが図られた。だが、将来のオペレーティングシステムやアプリケーションソフトの必要メモリ量の増加、それに拡張バスに接続される各種デバイスの性能向上を考えた場合、未来のいずれかの時点で汎用データバス規格を変更あるいは拡張し、より高速かつ高機能な32ビットバスを導入する必要があることは明らかであった。
 
こうしてMCAに対抗する[[Extended Industry Standard Architecture|EISA]]が誕生し、アメリカのPC市場では一時MCAとEISAの激しい競争が起きた。
 
これに対し、日本国内のPC市場においてIBM PC/ATと同様の地位を占め、やはり同様に汎用データバスの32ビット化問題を抱えていたNECのPC-9800シリーズの場合は、やや事情が異なっていた。同シリーズのオリジネイターであるNECが、アメリカ市場ではPC/AT互換機メーカーの1社としてEISAの開発に携わるという一種のねじれが生じていたためである。-->
 
PC-98シリーズの場合は、やや事情が異なっていた。同シリーズのオリジネイターであるNECが、アメリカ市場ではPC/AT互換機メーカーの1社としてEISAの開発に携わるという一種のねじれが生じていたため、結果としてEISAを研究し尽くした上で、EISAとの互換性に拘泥することなくさらに改良を加えたバスを開発できたのである。
NECはPC-9800シリーズ用汎用32ビットバスを開発するに当たって、EISAに似たバス調停機能とリソース設定機能を備えつつ、EISAの欠点であったISA上位互換を実現するための非合理的な信号線配置については[[Cバス]]とは全く異なる新型コネクタを採用することで克服するという、巧妙かつ中庸を得たデザインを採用した。それはEISAとMCAの双方について知悉し、また専用のインテリジェント・コントローラを自社で開発する技術力のあるNECだからこそ実現可能なアーキテクチャであった。
 
NECはPC-980098シリーズ用汎用32ビットバスを開発するに当たって、EISAに似たバス調停機能とリソース設定機能を備えつつ、EISAの欠点であったISA上位互換を実現するための非合理的な信号線配置については[[Cバス]]とは全く異なる新型コネクタを採用することで克服するという、巧妙かつ中庸を得たデザインを採用した。それはEISAとMCAの双方について知悉し、また専用のインテリジェント・コントローラを自社で開発する技術力のあるNECだからこそ実現可能なアーキテクチャであった。
 
こうして、EISAから遅れること約1年、1990年1月に発表された高価なハイレゾグラフィック機能に対応するPC-H98 model 70に搭載される形で、NESAは市場デビューを果たした。
*[[Cバス]]
*[[98ローカルバス]]
*[[AP バス]]
<!--*[[VM バス]]--><!-- ← 何? -->
 
[[Category:コンピュータバス規格|NESA]]
[[Category:日本電気]]