「鈴木輝一郎」の版間の差分

== 作品 ==
*『情断!』(講談社ノベルス、1991) 
*『狐狸ない紳士』(光文社カッパノベルス、1992、のち年)(光文社文庫、1997年 
*『国書偽造』(出版芸術社、1993、のち年)(新潮文庫、1996年
*『地球という名の方舟』(角川ノベルズ、1993)1993年)
*『雲雀 唐入り秀吉の影と陰』(出版芸術社、1994)1994年)
**のちに『秀吉 夢のまた夢』と改題(小学館文庫、2002年)   
*『ご立派すぎて』(講談社、1994、のち年)(講談社文庫、1998年
*『首都誘拐』(祥伝社ノンノベル、1994)1994年)
*『新宿職安前託老所』(出版芸術社、1995)1995年)
**のちに『めんどうみてあげるね  新宿職安前託老所』と改題(新潮文庫、1998年
*『はぐれ五右衛門』(双葉社、1997、のち年)(双葉文庫、2000年
*『美男忠臣蔵』(講談社、1997、のち年)(講談社文庫、2000年) 
*『狂気の父を敬え』(新潮社、1998)1998年)
**のちに『織田信雄 狂気の父を敬え』と改題(学陽書房人物文庫,2013年)
*『[[白浪五人男]]』(新潮社、1999、のち双葉文庫)
*『[[片桐且元白浪五人男]]』(小学館新潮社2000、のち1999年)(双葉文庫、1999年
*『他人の不幸は銭の味[[片桐且元]]』(小学館、2000)2000年)(小学館文庫、2004年)
*『他人の不幸は銭の味』(小学館、2000年)
*『死して残せよ虎の皮 [[浅井長政]]正伝』(徳間書店、2000)
**のちに死して残せよ虎の皮 [[浅井長政]]正伝』と改題し学陽徳間房人物文庫店、2000年
**のちに『[[浅井長政]]正伝 死して残せよ虎の皮』と改題(学陽書房人物文庫、2007年)
*『真田密伝』(角川春樹事務所、2002)2002年)
*『三人吉三 明日も同じたぁつまるめえ』(双葉社、2002)2002年)
*『ほどよく長生き死ぬまで元気遺産そこそこ遺書はしっかり』(小学館、2002、のち文庫)
*『中年[[宮本武蔵]]』(双葉社、2003)
**のちに『ほどよく長生き死ぬまで元気』と改題(小学館文庫、2005年)
*『罪と罠へのアドレス』(実業之日本社、2003)
*『幻術絵師、夢応のまぼろし中年[[宮本武蔵]]』(河出書房新双葉社、2003)2003年)
*『罪と罠へのアドレス』(実業之日本社、2003)2003年)
*『[[巴御前]]』(角川書店、2004)
*『幻術絵師、夢応のまぼろし』(河出書房新社、2003年)
*『信長が宿敵 本願寺[[顕如]]』(毎日新聞社、2005、のち学陽書房人物文庫)
*『燃ゆる想ひを[[巴御前]]』(河出角川房新社2005)2004年)
*『戦国の凰信長が宿敵 本願寺[[お市の方顕如]]』(河出書房毎日社、2007)2005年)
**のちに『本願寺顕如 信長が宿敵』と改題(学陽書房人物文庫、2011年)
*『戦国の鬼 森武蔵』(出版芸術社、2007)
*『信長と信忠燃ゆる想ひを』(毎日河出書房社、2009)2005年)
*『金ケ崎戦国四人 信長、秀吉、光秀、家康[[お市の方]]』(毎日河出書房社、2012)2007年)
*『戦国の鬼  森武蔵』(出版芸術社、2007)2007年)
*『信長と信忠』(毎日新聞社、2009年)
*『金ケ崎の四人 信長、秀吉、光秀、家康』(毎日新聞社、2012年)
  
=== エッセイ ===
*『戦国武将に学ぶ「風格」の研究 彼らにおける老いの品性・老いの真価とは』(祥伝社ノンブック、2001)2001年)
*『吠えず芸せず噛みつかず』(河出書房新社、2001)2001年)
*『何がなんでも作家になりたい!』(河出書房新社、2002)2002年)
*『家族同時多発介護』(河出書房新社、2003)2003年)
*『時代小説が書きたい!』(河出書房新社、2004)2004年)
*『もしも義経にケータイがあったなら』(新潮新書、2005)2005年)
*『日本語の逆襲』(小学館、2007) 2007年)
 
== 脚注 ==
匿名利用者