「シク王国」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 17 件をウィキデータ上の (d:Q83572 に転記))
跡を継いだ第6グルの[[グル・ハルゴービンド]]は先代の息子で、{{要出典範囲|date=2011年7月|父の仇を報じるために護衛兵制度など教団改革に着手した。このため、政治宗教結社が軍隊まで揃える事態になった}}。
 
第9グルの{{仮リンク|グル・テーグ・バハードゥル|en|Guru Tegh Bahadur}}はインド全土や国外にもシク教を布教活動をしようとしてムガル皇帝の[[アウラングゼーブ]]と対立し、[[1675年]]に[[デリー]]で逮捕処刑された。その跡を継いだ息子の{{仮リンク|[[グル・ゴーヴィンド・シン|en|Guru Gobind Singh}}グ]]は{{要出典範囲|date=2011年7月|復讐を唱えて}}ムガル帝国と本格的に軍事衝突した。その一方で嬰児殺害や巡礼参拝など{{要出典範囲|date=2011年7月|当時の悪習}}を廃止して禁酒・禁煙制を定めるなど組織の強化を図った。グル・ゴーヴィンド・シンは[[1708年]]に死去した。彼の息子はムガル帝国との戦役で死んでいたため、遺言によりこの後は聖典がグルとされることになった。
 
=== 国家へ ===
匿名利用者