「三囲神社」の版間の差分

 
[[元禄]]6年([[1693年]])、[[旱魃]]の時、俳人[[其角]]が偶然、当地に来て、地元の者の哀願によって、この神に雨乞いする者に代わって、「遊(ゆ)ふた地や田を見めくりの神ならは」と一句を神前に奉ったところ、翌日、降雨を見た。このことからこの神社の名は広まり、京都の豪商三井氏が[[江戸]]に進出すると、その[[守護神]]として崇め、[[三越]]の本支店に分霊を奉祀した。
 
本来は隅田川河岸に沿ってあったが、洪水で一度流され、河岸に堤が築かれることになった際に南へ少し移動した<ref>[http://www.ne.jp/asahi/woodsorrel/kodai/sumida/index.html 隅田川少考]</ref>。そのため、対岸から見ると、鳥居が堤から奇妙に頭だけ出しているように見え、浮世絵などに好んで描かれた。
 
==三井家との関係==