「府兵制」の版間の差分

m
編集の要約なし
(+cat)
m
'''府兵制'''('''ふへいせい''')とは[[中国]]に於いて[[南北朝時代 (中国)|南北朝時代]]の[[西魏]]から[[唐]]代まで行われた兵制。もともとは軍府に属する兵という意味で、[[日本史]]で言えば[[衛士]]や[[防人]]の制にあたる。基本的には、農民に自前で武器をもたせて任務につかせるという[[兵農一致]]の制度である。[[均田制]]と対を成す兵制であり、均田制の崩壊と共に崩壊した。
 
==事前の経緯==
280

回編集