「アメリカ同時多発テロ事件」の版間の差分

→‎世界貿易センタービル: 長期間出典の明示がない記述の除去
(→‎世界貿易センタービル: 長期間出典の明示がない記述の除去)
続いて、9時3分に南棟がユナイテッド航空175便の突入を受け、爆発炎上した。2機目の激突は1機目の激突後に現場の[[テレビ]]中継を行っていた際に発生し、世界各国に1機目の衝突を臨時ニュースとして国際中継していた間に起こった事件であったため、前代未聞の衝撃的な映像を多くの人たちがリアルタイムで見る事になった(この時点で、事故ではなく故意に起こされた事件であることが認識された)。また、2機目の旅客機が激突する瞬間はプロやアマチュアを含む多くのカメラマンに撮影されている。
 
ツインタワーは、建設当時の主力ジェット旅客機の[[ボーイング707]]が突入しても崩壊しないよう設計されていたはずだった(衝突のダメージのみを換算されていたものであり、ジェット燃料の延焼による火災のダメージは換算されていなかった{{要出典|date=2008年10月}})。だが、実際に高速で突入した同サイズの[[ボーイング767]]によってビル上部は激しく損傷、漏れ出した[[ジェット燃料]]は縦シャフトを通して下層階にまで達し、爆発的[[火災]]が発生した。
 
火災の熱による鉄骨の破断でタワーは強度を失い、9時59分に南棟が突入を受けた上部から砕けるように崩壊した。北棟も10時28分に南棟と同様、砕けるように崩壊した。
4,329

回編集