「洗礼名」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 2 件をウィキデータ上の d:q1041319 に転記)
*教派ごとのクリスチャン・ネームの訳語
**[[正教会]] - '''聖名'''(せいな)
**[[カトリック教会]] - '''洗礼名'''<ref name="ccc2156">[[カトリック教会のカテキズム]] #2156(日本語版635頁) [[カトリック中央協議会]] ISBN 978-4877501013</ref>、'''霊名'''(れいめい)
**[[聖公会]] - '''教名'''(きょうめい)
 
[[プロテスタント]]諸教派では特に洗礼名を付けないところが多い。なぜならば、正教会やカトリック教会などにおいては[[聖人#キリスト教|聖人]]を崇敬しているが、プロテスタント諸教派においては聖人崇敬を行わないことによる。
 
==日本での語順==
 
==名源==
ほとんどは[[聖人や[[天使]]の名を取るが、[[聖書]]から語句を取った例もある。洗礼名には、自分の好きな聖人や縁のある聖人の名をとることが多いが、キリスト教のある教派によっては[[教会|カレンダー]]の毎日にそれぞれ聖人が振り当てられているので、その誕生日の聖人の名前をとることもある。{{See also|聖人暦}}
 
===洗礼の祝日===
正教会やカトリック教会<!--および聖公会(?)-->などでは洗礼名の由来する聖人が個人の[[守護聖人]](「保護の聖人」とも<ref name="ccc2156"/>)となり、その聖人の祝日・記念日を「'''[[日]]'''いめいしゅくじつ」などと呼んでび、誕生日と共に並んで祝う。[[ポーランド]]など国や地域によっては誕生日よりも霊名日のほうを盛大に祝う習慣をもつ場所もある。しかし、日本のカトリック教会]]では、氏名これ記載する際に洗礼「'''聖を記載し日'''(せいいこび)」が多い呼ぶ
 
カトリック教会では、これを「霊名の祝日<ref>[http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/feature/francis/msg0006.htm 教皇フランシスコの就任ミサ説教] [[カトリック中央協議会]]</ref>」と呼び、[[ポーランド]]など国や地域によっては誕生日よりも霊名の祝日の方を盛大に祝う習慣をもつ場所もある。
正教会では、洗礼名の由来する聖人が個人[[守護聖人]]となり、誕生日と並んで守護聖人の日を祝う。[[日本正教会]]では「聖名日」(せいなび)と呼ぶ。
 
霊名日や守護聖人の日を、一般には[[聖名祝日]](せいめいしゅくじつ)という。上記のほか、[[ルーテル教会|ルター派]]にも一部の地域に聖名祝日を祝う習慣がある。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
1,049

回編集