メインメニューを開く

差分

マッサージ

36 バイト除去, 5 年前
sty, tmp
{{出典の明記|date=2013-6}}
[[ファイル:Le massagr au Hamam par Edouard Debat-Ponsan 1883.jpg|thumb|19世紀に描かれたマッサージの絵画]]
[[ファイル:Massage Frankfurt.jpg|thumb|ドイツ、[[フランクフルト]]におけるマッサージ]]
'''マッサージ'''([[英語]]:massage)は、直接[[皮膚]]に求心的に施術することにより主に[[静脈]]系[[血液]]循環の改善や[[リンパ]]循環の改善を目的にした手技療法である。マッサージは、[[フランス]]で生まれた手技療法([[フランス語]]:massage マサージュ)を指すが、同様の効果を得られるものとして[[タイ古式マッサージ|タイ式]]や韓国式のマッサージ({{lang|ko|안마}}(アンマ:按摩)と呼ばれるものは除く。)も便宜的に「マッサージ」と呼ばれる。<!--狭義のマッサージを「医療マッサージ」と呼ぶこともある。:定義の出典は?-->
 
マッサージには[[静脈]]・[[リンパ]]循環を促進する効果がある。スポーツ・運動時前後には、[[筋肉]]緊張をほぐしたりするためにマッサージが用いられる。他にマッサージによる(適度な)刺激などにより、緊張の緩和をもたらし、筋肉痛を和らげる、排便を促す、気分が和らぎ眠りを誘う、等がある。
== 概要 ==
 
現在、マッサージは通常医療の場でも([[リハビリテーション]]等々)、[[代替医療]]の場でも、様々な健康増進目的で個々人が自分自身に行う形(セルフマッサージ)でも行われている。
 
=== 効用歴史 ===
マッサージには[[静脈]]・[[リンパ]]循環を促進する効果がある。スポーツ・運動時前後には、[[筋肉]]緊張をほぐしたりするためにマッサージが用いられる。
 
他にマッサージによる(適度な)刺激などにより、緊張の緩和をもたらし、筋肉痛を和らげる、排便を促す、気分が和らぎ眠りを誘う、等がある。
 
=== 歴史 ===
==== 世界 ====
[[Image:Sargent, John Singer (1856-1925) - 1890-91 - Massage in a bath house.jpg|thumb|right|200 px|Massage in a bath house (1890-1891) John Singer Sargent (1856-1925) ]]
マッサージは[[ギリシャ語]]のマッシー(揉む)、[[ラテン語]]の手、[[アラビア語]]のマス(押す)、[[ヘブライ語]]の触るが語源とされる。
その後、マッサージ医療が医療術の一つとして現在に至っている。
 
==== 日本 ====
[[日本]]においては元々[[按摩]]が用いられてきた。
 
現在の「[[あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律]]」において、[[あん摩マッサージ指圧師]]免許もしくは[[医師]]免許(共に国家資格)がなければ日本においてマッサージを業として行うことはできない、とされている。
 
=== 手技、機器 ===
{{main|マッサージチェア}}
* マッサージチェア([[自動マッサージ機]]とも呼ばれる)とは、内蔵された突起が稼動し、手指によるマッサージに近い動きをする。市販されている他、おもに銭湯・温泉などに有料で設置されている事が多い。腰掛けて背中をマッサージする椅子型や、足を入れて足裏をマッサージするもの等がある。近年ではプログラムが高度になり、細かく様々な揉みかたをするようになった。
 
==日本におけるマッサージでの扱い==
日本の法令でマッサージの厳密な技術定義は規定されていない。しかしマッサージが欧米より日本に伝わって以降、手技自体ははっきりと技術体系化されている。現法律策定時にもマッサージの技術定義は文章化できなくとも、日本国民は当然の如く理解していた事であった。法定義されていない理由として、当時手技を使って人体表面を刺激する他の手技療法が、あん摩マツサージ指圧師が行う手技療法以外日本国内には存在せず、わざわざ「[[あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律]]」で法定義をする必要が無かったのがその理由である。
 
39,703
回編集