「郭源治」の版間の差分

当該箇所の出典にない記述を除去。
(当該箇所の出典にない記述を除去。)
 
== プレースタイル ==
足を高く上げる豪快なフォームから、最速151[[キロメートル毎時|km/h]]の速球、[[スライダー_(球種)|スライダー]]や[[フォークボール]]・[[シンカー]]など多彩な変化球<ref name="Number_19881005_18"/>を投げた。闘志を前面に出す気迫溢れる投球スタイルが持ち味で、マウンドで見せた[[ガッツポーズ]]は「郭ダンス」と称された<ref name="AERA_1999"/><ref name="Number_19881005_20"/>。
 
抑えを務めていた時は、[[自責点]]だけでなく[[失点]]も少ないという特長があった<ref name="base_19880822_40">『週刊ベースボール』、1988年8月22日号、P.43</ref>。筋肉が柔らかく回復力に優れ、ストッパーとして理想的な肉体だったといわれる<ref name="base_19880721_27"/>。ストッパー時代は7回からの複数イニングを投げる事もしばしばで、44[[セーブポイント|SP]]を挙げた{{by|1988年}}の投球回数は救援だけで111回にも達し、これは{{by|1998年}}にこの記録を更新した時の[[佐々木主浩]]の56回のほぼ2倍にあたる<ref name="AERA_1999"/>。
6,692

回編集