「桂小南 (2代目)」の版間の差分

微加筆
m (微加筆)
(微加筆)
 
== 経歴 ==
1920年([[大正]]9年)、[[京都府]][[北桑田郡]][[山国村]]井戸(現在の[[京都市]][[右京区]])に[[左官屋]]谷田政吉の三男として生まれる<ref name=annai71>[[#案内|『落語案内』(1982)pp.71-78]]</ref><ref group="注釈">生家は小学校から4キロメートルも離れ、[[臨済宗]][[#臨済宗天龍寺派]]の[[常照皇寺]]の近くある十数戸よりなる[[集落]]にあり、小学校から4キロメートルも離れていた。[[#案内|『落語の案内』(1982)pp.71-72]]</ref>。[[小学校]]を修了したのちの[[1933年]]([[昭和]]8年)、京都市今出川寺町の印刷屋に奉公し、1年後の1934年(昭和9年)に京都市内の呉服問屋にうつった。呉服問屋では、すぐに東京[[日本橋 (東京都中央区)|日本橋]]の呉服問屋でに移された。丁稚修行をしから5年問屋につとめた後、[[1939年]](昭和14年)、[[三遊亭金馬 (3代目)|3代目三遊亭金馬]]の内弟子となり、[[山遊亭金太郎]]を名乗る。入門当初は金馬が[[東宝]]専属であったため、[[寄席]]の定席には出られず、主に[[東宝名人会]]で[[前座]]を務めていた。[[太平洋戦争]]中は召集を受け、[[1945年]](昭和20年)に復員した<ref group="注釈">部隊では金馬の弟子ということもあり、お座敷がかかって引っ張りだこの状態となったが、[[腸チフス]]のため死線をさまよったこともある。[[#案内|『落語案内』(1982)pp.129-134]]</ref>。[[1951年]]、定席の高座に出るために金馬の口利きで[[桂小文治 (2代目)|2代目桂小文治]]の身内となる。[[1958年]](昭和33年)9月、[[桂文楽 (8代目)|8代目桂文楽]]の好意で2代目桂小南を襲名して[[真打]]となった。[[落語芸術協会]]所属。[[出囃子 (落語)|出囃子]]は『野崎』。
 
京都の[[丹波国|丹波]][[訛り]]が抜けず伸び悩んでいたところ、師匠の三遊亭金馬(3代目)より上方噺に転向するように言われ、それまで習得した江戸噺を封印した<ref name=iki20>[[#いき2|『落語のいき』(2009)pp.20-21]]</ref>。以降、大阪の「[[富貴 (寄席)|富貴]]」「[[戎橋松竹]]」などといった寄席に出かけては、ヘタリ([[囃子]]方)を勤める傍ら、上方の若手([[桂米朝 (3代目)|3代目桂米朝]]、[[桂春団治 (3代目)|3代目桂春團治]]、[[笑福亭松鶴 (6代目)|6代目笑福亭松鶴]]、[[桂文枝 (5代目)|5代目桂文枝]]ら)に混じって、古老落語家から上方噺を教わった。小南に稽古をつけた[[橘ノ圓都]]が自信を取り戻し、高座に復帰したという例もあったが、これは[[上方落語]]復興の一側面を物語るエピソードである。
 
独特な口調は「小南落語」とも呼ばれた。芸に厳しく、終生「稽古の鬼」と称された。[[1969年]](昭和44年)には[[文化庁]][[芸術祭 (文化庁)|芸術祭]]大賞を受賞しており、[[1968年]](昭和43年)と[[1981年]](昭和56年)には[[芸術祭 (文化庁)|文化庁芸術祭]]の奨励賞、[[1989年]]([[平成]]元年)には[[芸術選奨]]文部大臣賞を受賞した。
==著書==
=== 単著 ===
* {{Cite book|和書|author=|editor=[[東大落語会]]編|chapter=|year=1972|month=|title=桂小南集|publisher=[[青蛙房]]|asin=B000J94MHE|ref=小南集}}
* 桂小南集 東大落語会編 青蛙房 1972
* {{Cite book|和書|author=|editor=|chapter=|year=1982|month=6|title=落語案内|publisher=[[立風書房]]|asin=B000J7KLJO |ref=案内}}
|ref=案内}}
=== 共著 ===
*[[ひこねのりお]](イラスト)・小南(文)「おもしろ落語ランド」1-3 金の星社 1987.5
23,062

回編集