「ディーゼル微粒子捕集フィルター」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 17 件をウィキデータ上の d:q1134383 に転記)
フィルターの素材は、熱に強い[[セラミック]]が用いられてきたが、コストの軽減を図るために[[ステンレス鋼|ステンレス]]を用いるものもある。
 
なお、従来のディーゼルエンジンに使用される[[エンジンオイル]]にはエンジンを早期の摩耗から保護するため剤・酸化防止剤として[[亜鉛]]化合物や清浄剤・[[酸]][[中和]]剤として[[カルシウム]]化合物などの[[灰]]分(アッシュ)・リン・硫黄を含む[[金属]]系添加剤が多く配合されていたが、これらの成分は燃えずに[[排気]]とともに排出され、浄化装置に悪影響(早期の目詰まりや浄化性能の低下など)を与える。そのためDPF付き車両には粒子状物質浄化システムに対応すべく、従来のディーゼル用エンジンオイルよりもアッシュ成分を大幅に低減した低灰、リン・硫黄も抑えた規格オイルが使用される。低灰分DPFに対応したオイル規格としては[[日本]]では[[JASO規格]]の軽量車用としてDL-1、重量車用としてDH-2が、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]では[[API規格]]のCJ-4、[[ヨーロッパ|欧州]]の[[ACEA]]規格では、[[乗用車]]、軽[[負荷]][[商用車]]用のCカテゴリ全般と、高負荷商用車用のEカテゴリのE6、E9などがそれにあたる。エンジンによって要求規格は異なり、規格よっても灰分・リン・硫黄の規制値が異なるため同じDPF対応オイル規格であっても基本的に流用は出来ない
 
== 種類 ==
743

回編集