「フザリウム」の版間の差分

近年は分子遺伝学的な検討が行われており、従来の種は複合種であるとされて、細分化された種が数多く提案されている。形態的には全く区別がつかなくても種として分けることを主張する研究者も多くいる。そのため種の数は飛躍的に増えており、2006年現在で百数十種、将来的には500種以上になると言われている。
 
種が細分化されている代表的な種に{{snamei|F. graminearum}}がある。従来は、北米に多く分布し、トウモロコシへの寄生性が強く、子のう殻を作りにくい系統(タイグループ1)と世界中に分布し麦類に寄生しやすいタイプ(タイグループ2)とに分けられる程度であったが、それぞれ{{snamei|F. pseudograminearum}}と{{snamei|F. graminearum}}に分けられた上、さらに{{snamei|F. graminearum}}も複合種として、十数種に分けられている。さらに細分化された種の中に狭義の{{snamei|F. graminearum}}と名づけられているものがあり、混乱を招きやすい。{{snamei|F. moniliforme}}の場合は、種が細分化された後に存在し残った狭義の{{snamei|F. moniliforme}}というに該当するに対しては、混乱を避けるために現在は同一学名の継続使用の停止が勧告され、優先権のある{{snamei|F. verticillioides}}と名称変更された。
 
== 利害 ==
匿名利用者