「オヤケアカハチ」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 4 件をウィキデータ上の (d:Q845103 に転記))
韓国には、同時期に実在したとされている人物・[[洪吉童]](ホンギルトン)とオヤケアカハチとの「同一人物説」を唱える者がおり、[[源義経#義経=ジンギス・カン説|義経=ジンギス・カン説]]と似たかたちで受容されている。洪吉童は大衆的人気が高く伝統的に小説等で取り上げられるなどしているが、実際にも、盗賊であり朝鮮王朝に対する反逆者であると記録されている。これが八重山諸島に逃れたという「同一人物説」を薛盛景(ソル・ソンギョン/当時・[[延世大学]]教授)と梁潅承(ヤン・コンスン)が唱えている。洪吉童は、尊敬される指導者として民を苦しめる日本政府に対抗して戦い、このような事実が日本の歴史の本にも記されているという<ref>[http://members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/20030501000023.htm 延世大 ソル・ソンギョン教授 チャムドン小学校で「古典文学」特別講演] 朝鮮日報</ref>。この同一人物説によって、オヤケアカハチがしばしば沖縄県と韓国との友好事業・行事の題材にされることがある。<!--[[大濱長照]][[石垣市]]長は同一人物説を積極的に支持し、両、国・地域の友好に役立てようとしている{{要出典}}--本当!?-->
 
[[2001年]][[5月4日]]には、[[大韓民国|韓国]]南部の長城郡で「洪吉童国際学術シンポジウム」が開かれ、「同一人物説」について日韓の研究者が議論した<ref>[http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-111918-storytopic-86.html 日韓友好の懸け橋に/洪吉童国際学術シンポ] 琉球新報、2001年5月8日</ref>。ただし、<!--日本側参加者も同一人物説に同意しないか結論は出ないと強調しながらも沖縄と韓国との相互交流と継続的な研究協力についての期待を述べるなどして-->同・シンポジウムについては沖縄県と韓国の相互交流を強調して報道されており、友好行事としての性格が強い。「同一人物説」そのものについては、時期的な一致やフルスト原遺跡から[[韓国の陶磁器]]や古銭が出土した等が根拠として提示されているのみであり<ref>[http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-113373-storytopic-86.html 「アカハチは韓国の義賊」/延世大教授ら来沖、調査] 琉球新報、2000年4月26日</ref>、日本では「韓国側の思い込み」として否定する声が多い<ref>琉球新報、1998年5月1日</ref><!--否定されていると断言すべきですが一旦、出典の表現どおりに。-->。
 
2001年[[7月]]には、八重山諸島と韓国との友好イベントとして、オヤケアカハチと洪吉童の同一人物説に基づいて創作された韓国の劇団による「ミュージカル・ホンガワラ」の公演が、石垣市で予定された。しかし、歴史教科書問題の再燃により韓国で日本文化の段階的開放が中断されたため、同公演は直前で中止された<ref>[http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-109400-storytopic-86.html 韓国劇団が公演中止/アカハチ題材ミュージカル/教科書問題で/石垣市] 琉球新報、2001年7月15日</ref>。
匿名利用者