「Unity (ユーザインタフェース)」の版間の差分

m
編集の要約なし
(→‎参考: テンプレートTemplate:GNOMEを削除)
m編集の要約なし
 
==ユーザーインターフェース==
* '''Launcher''':
* '''Quicklist''':
* '''Dash''':
* '''Head-Up Display''':
* '''Global menubar''':
* '''Overray Scrollbar''':
* '''Indicators''':
 
== ツールキット ==
* [[Fedora]]ではUnityにGTKの非サポートパッチの適応が必要であることを理由にデフォルトのレポジトリでは提供していないが<ref>{{cite web|url=https://lists.fedoraproject.org/pipermail/devel/2012-January/161713.html |title=Unity For Fedora (As in OpenSUSE or Arch) |publisher=Lists.fedoraproject.org |date=2012-01-26 |accessdate=2012-09-22}}</ref>、パッチが適用されているopenSUSEのレポジトリのブランチを使用することでUnityをFedoraにインストールすることが可能となっている<ref name="SDB:Unity">{{cite web | url = http://www.omgubuntu.co.uk/2012/07/unity-desktop-available-for-fedora| title = Unity Desktop Available for Fedora| publisher=[[OMG! Ubuntu!]]|accessdate =2013-03-18 }}</ref>。
* {{仮リンク|Frugalware Linux|en|Frugalware Linux}}は今後の開発ブランチの一部としてUnityとUnity2Dを含むAyatanaを採用している<ref>{{cite web | url = http://wiki.frugalware.org/index.php/Ayatana_Project_Portage | publisher=Frugalware Linux Wiki | title = Ayatana Project Portage | accessdate = 2011-11-26}}</ref>。
* [[OpenSUSE]]はGNOME用の多くのAyatanaコンポーネントを提供している<ref>{{cite web | url = http://en.opensuse.org/openSUSE:GNOME_Ayatana | publisher=openSUSE Wiki | title = GNOME Ayatana | accessdate = 2011-11-26}}</ref>がUnityの提供はCompizを主な問題として保留されていたが<ref>{{cite web | url = http://lizards.opensuse.org/2011/02/15/abandoning-unity-for-the-time-being/ | publisher=openSUSE | title = GNOME Ayatana | author = Nelson Marques | accessdate = 2011-11-26}}</ref>新しい開発者がArch LinuxとFedora用のバージョンと共にそのタスクを引き継いだ<ref name="SDB:Unity" />
 
== 批判 ==
* [[Xfce]]
* [[LXDE]]
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
7,353

回編集