「ネオジオポケット」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 経緯 ==
モノクロ版は任天堂の携帯ゲーム機[[ゲームボーイカラー]]の1週間後に発売された上、SNKが発売前から上位機種のカラーシリーズを5ヶ月後に発売すると予告していた為に売れ行きは芳しくなかった。モノクロ版の売れ行きの悪さがSNKを赤字転落に追いやった元凶になったとも言われる{{要出典|date=2011年7月}}
 
[[コマーシャルメッセージ|CM]]で「'''I'm not BOY. 誰だってBOYを捨てるときがくる'''」という挑戦的なキャッチコピーを打ちだし、[[ゲームボーイ]]との差別化を図ろうとした。しかし、認知度はいまひとつで、一般層へ浸透している「携帯ゲーム機=ゲームボーイ」という認識は変えられなかった。
匿名利用者