「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 24 件をウィキデータ上の (d:Q732511 に転記))
編集の要約なし
* 南側の扉『洗礼者ヨハネの生涯』アンドレーア・ピサーノ([[1330年]][[1月22日]]から[[1336年]]にかけて製作され、1338年に東側の扉として取り付けられたが、南側に移された。)
* 『教皇[[ヨハネス23世_(対立教皇)|ヨハネ23世]]墓碑』ドナテッロ、ミケロッツォ・ディ・バルトロメオ、[[パーニョ・ディ・ラーポ・ポルティジャーニ]](1425年から1428年にかけて製作)
 
== 国家的事業として ==
12世紀に建立された[[サン・ジョヴァンニ洗礼堂]]は当時最も裕福だった毛織物商組合によって造営管理されていた。そこでコンクールを行ったものの、当時黒死病による膨大な数の死者が出た直後であったため、題目にイサクの犠牲が選ばれた。また、ミラノ公ジャンガレアッツォ・ヴィスコンティ指揮する大群の接近という危機を迎えていたが、ジャンガレアッツォが熱病により頓死し、難を逃れた。このことから毛織物商組合はコンクールに救国的意図を掛けていた<ref>松本典昭『パトロンたちのルネサンス:フィレンツェ美術の舞台裏』日本放送出版協会、2007年、29-32頁。</ref>。後洗礼堂第三門扉は都市を共有物と考えていた富裕市民層によって補われた。彼らは都市の装飾に責任を感じていた<ref>松本典昭『パトロンたちのルネサンス:フィレンツェ美術の舞台裏』日本放送出版協会、2007年、36頁。</ref>。
 
<gallery>
== 拝観 ==
1月1日、復活祭の日曜日、12月24・25日外であれば、3ユーロで内部を見学することができる。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
{{Commonscat|Baptistry (Florence)}}