「慈円」の版間の差分

和尚、天台宗では「かしょう」
(和尚、天台宗では「かしょう」)
}}
 
'''慈円'''(じえん、旧字体:'''慈圓'''、[[久寿]]2年[[4月15日 (旧暦)|4月15日]]([[1155年]][[5月17日]]) - [[嘉禄]]元年[[9月25日 (旧暦)|9月25日]]([[1225年]][[10月28日]]))は、[[平安時代]]末期から[[鎌倉時代]]初期の[[天台宗]]の僧。歴史書『[[愚管抄]]』を記したことで知られる。[[諡号]]は'''慈鎮和尚'''(じちん しょう)、通称に'''吉水僧正'''(よしなが そうじょう)、また『[[小倉百人一首]]』では'''前大僧正慈円'''(さきの だいそうじょう じえん)と紹介されている。
 
父は[[摂政]][[関白]]・[[藤原忠通]]、母は[[藤原仲光 (太皇太后宮大進)|藤原仲光]]女[[加賀局]]、<!--(十一男)で、忠通の六男・-->摂政関白・[[九条兼実]]は同母兄にあたる。
匿名利用者