「西武スマイルビジョン」の版間の差分

m
[[ファイル:Seibu6000smilevision.JPG|thumb|250px|right|6000系6109Fに設置されている西武スマイルビジョン<br />(2010年1月23日、[[東京地下鉄]][[東京地下鉄副都心線|副都心線]][[渋谷駅]]停車中に撮影)]]
 
スマイルビジョンは、[[西武30000系電車|西武30000系]]の各客用ドア客室側上部に、車内案内表示S-TVS ('''S'''eibu'''-T'''rain '''V'''ision '''S'''ystem) 用として15インチ[[液晶ディスプレイ]]2台が設置されている。システム装置およびディスプレイ画面はともに[[三菱電機]]製で、デジタル伝送の[[DVD]]レベルの高画質として見やすさの向上を図っている。2台のうち、左側は動画広告用画面で企業などの[[コマーシャルメッセージ|コマーシャル]]が放映される。この動画広告は主要駅に設置された高速無線通信([[ミリ波]]装置)で配信している。音声は[[東京急行電鉄]]の「[[TOQビジョン]]」などと同様に流れない。右側は運行情報用画面で、列車種別・行先、停車駅、現在位置、乗り換え、目安所要時間<ref>停車駅と主要駅までの所要時間を表示。</ref><ref>[[ラッシュ時|ラッシュ時間帯]]や運行[[ダイヤグラム|ダイヤ]]が乱れているときは非表示。</ref>、開閉予告、駅設備案内<ref>2008年6月現在のもの。</ref>、自社線運行状況、急停車注意案内、車内マナー案内などの情報を表示することができる。また、2009年4月頃より[[秩父鉄道]]、[[東京地下鉄]]、[[多摩都市モノレール]]、[[東武鉄道]]、[[都営地下鉄]]、[[東日本旅客鉄道]](JR東日本)の運行状況を表示できるようになっている。同時に自社線での[[振替輸送]]が実施されているときにはその案内を表示する。これらの情報は[[FOMA]]回線を使用しタイムリーな情報を提供することができる。また、画面の表示トラブル<ref>実際の運行情報と異なるものを表示したとき。</ref>発生時は西武鉄道のコーポレートマークのみを表示する。なお、副都心線を経由して[[東急東横線|東横線]]への直通運転開始を前にROMが順次更新され、東横線直通に対応した画面に更新されている。
 
なお、2009年度の事業計画では、新たに[[西武6000系電車|西武6000系]]をリニューアルする際にスマイルビジョンを設置する予定である。現在は6109Fと6107Fと6103Fと6104Fの順に設置計画が発表されているがその後改造対象編成すべて拡大する予定である搭載された
 
<!--スマイルビジョンでCMなどを放送する・していた企業・団体 -「トレインチャンネル」「TOQビジョン」では既に削除されており、整合性を図るため本項でも削除とする-->