「日本」の版間の差分

m
室町時代の謡曲・狂言は、中国人に「ニッポン」と読ませ、日本人に「ニホン」と読ませている。安土桃山時代に[[ポルトガル]]人が編纂した『[[日葡辞書]]』や『[[日本小文典]]』等には、「ニッポン」「ニホン」「ジッポン」の読みが見られ、その用例から判断すると、改まった場面・強調したい場合に「ニッポン」が使われ、日常の場面で「ニホン」が使われていた<ref>吉田東朔「国号」節(「日本」項 『国史大辞典』、吉川弘文館、1990)</ref>。このことから[[小池清治]]は、中世の日本人が中国語的な語感のある「ジッポン」を使用したのは、中国人・西洋人など対外的な場面に限定されていて、日常だと「ニッポン」「ニホン」が用いられていたのでは、と推測している<ref>小池清治 『日本語は悪魔の言語か? - ことばに関する十の話』 角川書店、2003。</ref>。なお、現在に伝わっていない「ジッポン」音については、[[#別称|その他の言語]]も参照。
 
近代以降も「ニッポン」「ニホン」両方使用される中、[[1934年]](昭和9年)には文部省臨時国語調査会が「にっぽん」に統一して外国語表記もJapanを廃してNipponを使用するという案を示したこともあったが、不完全に終わった。[[2009年]](平成21年)[[6月30日]]には、政府が「『にっぽん』『にほん』という読み方については、いずれも広く通用しており、どちらか一方に統一する必要はない」とする答弁書を閣議決定した<ref name="kokkai171_570"/>。現在、通商や交流の点で海外と関連のある[[紙幣]]、[[切手]]などに「NIPPON」と描かれ(紙幣発券者も「にっぽんぎんこう」である)、ほか[[日本放送協会]]、[[ニッポン放送]]、[[日本武道館]]、[[日本体育大学]]、[[日本郵便]]などで「NIPPON」(にっぽん)表記を用いる一方、「NIHON」(にほん)表記を用いる例は、[[日本大学]]、[[日本福祉大学]]、[[日本航空]]、[[日本経済新聞]]、[[東日本旅客鉄道|JR東日本]]・[[西日本旅客鉄道|JR西日本]]、[[日本ユニシス]]、[[日本相撲協会]]、[[日本オリンピック委員会]]などがある。なお、(国会に複数の議席を有したことのある)[[日本の政党一覧|日本の政党]]名における読みは、以下の通り。
; 「ニッポン」
:* [[日本社会党]](1945-1996)、[[日本自由党 (1953-1954)|日本自由党]](1953-1954)、[[新党日本]](2005-)、[[たちあがれ日本]](2010-2012)、[[日本維新の会 (政党)|日本維新の会]](2012-)、[[日本未来の党]](2012)