「学校法人根津育英会武蔵学園」の版間の差分

m
[[第2次世界大戦]]後の[[学制改革]]に際して、育英会は宮島理事を中心に、旧制武蔵高校を[[新制高等学校|新制高校]]・[[新制中学校|中学]]に改編することを主張、[[新制大学]]の設立を主張する同校の教授会と対立したが、結局のところ妥協し、[[1948年]]から[[1949年]]にかけて新制の[[武蔵中学校・高等学校|武蔵中学校]]・[[武蔵中学校・高等学校|武蔵高等学校]]および[[武蔵大学]]が発足し、また育英会自体も[[1951年]]、[[私立学校法]](1949年制定)に基づく'''学校法人へと改編'''された。なお、武蔵大学発足にさいし、[[文理学部]]ではなく[[経済学部]]1学部での発足という形になったのは、育英会(理事会)の意向を考慮したことによるものであった<ref>他の多くの旧制高等学校は単独で新制大学に昇格することが困難であったため、統合された新制大学の文理学部を教授陣の受け皿とするのが一般的であった。</ref>。新制移行後しばらくの間、旧制以来の経緯もあって武蔵大と武蔵高・中は教務・事務などの点で渾然一体となっており、大学学長が同時に高校・中学の校長を兼任することが戦後長く続いていたが、[[1975年]]に至って大学の学長職と高校・中学の校長職を分離し、これらを統括する役職として「学園長」が設置される改革がなされ、[[正田健次郎]](貞一郎の子)が初代学園長に就任した。[[2013年]]には「'''学校法人根津育英会武蔵学園'''」への改称がなされている。
 
=== 設立当初の理事・評議員たち ===
{{節スタブ}}
 
47,179

回編集