「学校法人根津育英会武蔵学園」の版間の差分

 
=== 設立当初の理事・評議員たち ===
一木以下は当時の教育界の重鎮・第一人者とされる人物であった。
* [[根津嘉一郎 (初代)|根津嘉一郎]]:(初代)理事長。[[日清製粉]]・[[東武鉄道]]・[[東京地下鉄道]]各社長。根津合名会社代表社員([[根津財閥]]総帥)
* [[宮島清次郎]]:[[日清紡績]]社長。訪米から帰国したのちの根津から、育英事業の計画について早くから相談を受けていた。第2次世界大戦後、4代理事長。
* [[正田貞一郎]]:同上。
* [[正田貞一郎]]:日清製粉専務(のち社長)。宮島と同じく根津からの相談を受ける。初代学園長の[[正田建次郎]]は次男。
* [[本間則忠]]:[[大分県]][[参事官]]。[[フランス]]の[[リセ]]や[[ドイツ]]の[[ギムナジウム]]のような「社会の中核となる人材を育てる」ことを眼目とする学校の創設を構想しており、根津にその旨助言。
* [[平田東助]]:内務官僚・貴族院議員で臨時教育会議総裁。根津の相談を受け、一木・岡田・山川・北條の4名を顧問として推薦。
* [[一木喜徳郎]]:臨時教育会議委員で改革派メンバーと目されていた。のち旧制武蔵高等学校の初代校長。
* [[岡田良平]]:同上。文部大臣。
* [[山川健次郎]];同上。のち武高の第2代校長。
* [[北条時敬|北條時敬]]:同上。武高の初代教頭・第3代校長として初期の校務をとりしきった[[山本良吉]]を推薦。
* [[根津啓吉]]
* [[本間則忠]]:[[文部省]]事務官を経て[[大分県]][[参事官]]。[[フランス]]の[[リセ]]や[[ドイツ]]の[[ギムナジウム]]のような「社会の中核となる人材を育てる」ことを眼目とする学校の創設を構想しており、根津にその旨助言。
* [[佐々木吉三郎]]
* [[平田東助]]:[[内務省|内務官僚]]出身の[[貴族院]]議員でいわゆる「山縣閥」の重鎮。臨時教育会議総裁。根津の相談を受け、一木・岡田・山川・北條の4名を顧問として推薦。
* [[一木喜徳郎]]:内務官僚出身の[[枢密顧問官]]。[[美濃部達吉]]とともに[[天皇機関説]]の支持者として知られる。臨時教育会議委員で改革派メンバーと目されていた。のち旧制武蔵高等学校の初代校長。
* [[岡田良平]]:[[寺内内閣]]の[[文部大臣]]。臨時教育会議委員で改革派メンバーと目されていた。一木の長兄。
* [[山川健次郎]];[[東京大学|東京帝国大学]]・[[九州大学|九州帝国大学]]総長、[[九州工業大学|明治専門学校]]総裁、[[京都大学|京都帝国大学]]総長、枢密顧問官を歴任し東京帝大総長に再任される。臨時教育会議委員で改革派メンバーと目されていた。のち武高の第2代校長。第4代校長の山川黙(しずか)は姉の養子。
* [[北条時敬|北條時敬]]:[[山口高等学校 (旧制)|山口高校]]・[[第四高等学校 (旧制)|四高]]・[[広島高等師範学校|広島高師]]各校長、[[東北大学|東北帝国大学]]総長を歴任し[[学習院]]院長。臨時教育会議委員で改革派メンバーと目されていた。武高の初代教頭・第3代校長として初期の校務をとりしきった[[山本良吉]]を推薦。
* [[佐々木吉三郎]]:臨時教育会議委員。
 
=== 年表 ===
47,608

回編集